夜と霧のレビュー・感想・評価

メニュー

夜と霧

劇場公開日 1961年10月
2件を表示 映画レビューを書く

沈黙は、雄弁と語り

ポーランド・アウシュヴィッツ強制収容所。そこで行われた出来事、真相を、写真資料と、撮影当時に映し出した映像を結び合わせて描き出す、「二十四時間の情事」で知られるアラン・レネ監督の代表作。

「戦争は、おぞましくも悲しい」この明解な結末に辿りつくまで、膨大な資料と、無駄の無いナレーションを積み重ね、観客を連れて行く。言葉が全てを主張し、電子世界を支配する現代にあっては息苦しさを覚える本作の世界。ただ、そこには証拠をひたすらに並べて私達を納得させていく法廷のような強制力は持ち込まれず、作家、そして観客の想像力を駆使して真相へと導く、映画作品ならではの意欲と挑戦がある。

本作品の中に、興味深い場面がある。囚人達の多くがその儚い命を散らしたガス棟を映しこんだ映像において、天井に無数に刻まれた爪あとを粘着に、沈黙を持って見つめる場面がある。再現シーンを持って描けば事足りる場面を、なぜ沈黙で答えるか。そこには、観客自身に想像して欲しい、感じて欲しいと切に願う、作家の願いがある。体中を黒い闇が覆い、呼吸が弱くなる。それでも、生きたい。この世にすがりたい。その一心で囚人達は天井によじ登り、手を真っ赤にして爪を突きたてた。そこまで感じなければ、思わなければ、この作品を産み落とした意味は無い。作家の挑戦と願いが、この一場面に集約されている。

「戦争は、いけない」この明確な結末に辿りつくまで、30分の冷徹な視線は観客を挑発し続ける。頭が痛い。目を背けたい。それでも、人が人を苦しめていく歴史を繰り返す人間としてこの先も、生きていくならば、この作品を一回、見ておいて欲しい。そして、想像して欲しい。どこまで、暴力は、卑劣な欲望は、人を変えていくのか。

ダックス奮闘{ふんとう}
ダックス奮闘{ふんとう}さん / 2011年2月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スクリーンを直視し難い“32分”

“ヌーヴェルヴァーグの50年”という
特集上映の中の1作として上映されていました。

製作年度が1955年ですから、
ホロコーストものの初期ドキュメンタリー作かな
そんな予想のもと、鑑賞をしてきました。

☆彡     ☆彡

時代が古いからかなぁ
映像の自主規制のようなものなかったんでしょうね
衝撃映像、てんこ盛りだわ。32分が、あっという間だった

1955年現在の強制収容所と
1930年後半から実際に人々が
収容されていたときの白黒映像を
交互に行き来させながら進められていくドキュメンタリー作品です。

余分な演出は一切なく、
ナレーションも少なくしていますので、
当時の映像と写真に言葉を失います。

切り離された頭が
無数にならんでいる写真もあり、
なんどかスクリーンから眼をそらしてしまいました。

それにしても
ホロコースト作品って
一体何作品あるのでしょう。

そして
一体切り口の数は幾つあるのでしょう。

戦争のおぞましさ
人間のおぞましさ

いつもながらに閉口してしまいました。

☆彡     ☆彡

ただ、きっと
これだけの数の作品が作られているということは
ドイツ側も史実を認め謝罪をしているからですよね。

翻って我が国は、
香川照之さんも出演されている
中国映画『南京南京』。絶対に日本国内では上映されないでしょう。

二度と繰り返してはならない過ち
“32分間”突きつけられ続けます。
興味のあるかたは、体調を整えた上で、ご鑑賞下さい。

septaka
septakaさん / 2009年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報