鮮血の美学
ホーム > 作品情報 > 映画「鮮血の美学」
メニュー

鮮血の美学

解説

 少女マリーと友人は凶悪な殺人犯によって強姦された末、殺害されてしまう。マリーの両親であるコリンウッド夫妻は娘の帰りが遅いことを心配し、警察に捜索願を出すが、相手にされない。やがて夫妻は、たまたま家に泊めた男たちがマリーを殺害したことを知り……。「処女の泉」をもとに、ウェス・クレイブンが初監督を務めた残虐ホラー。アメリカの一部地域で大反響を呼び、やがて全米公開へと至った衝撃作。

作品データ

原題 The Last House on the Left
製作年 1972年
製作国 アメリカ
上映時間 85分

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 無添加、御免!! 「スクリーム」などの作品で知られるウェス・クレイブン監督が、サンドラ・カッセルを主演に迎えて描く、アメリカ印のホラー映画。 残虐な殺人一家の毒牙にかかった美しい女性。彼女を心底愛していた両親は憎... ...続きを読む

    ダックス奮闘{ふんとう} ダックス奮闘{ふんとう}さん  2011年7月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「鮮血の美学」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi