三度目の殺人

124分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

製作

スタッフの続きを見る

プロデューサー

アソシエイトプロデューサー

撮影

照明

録音

美術監督

装飾

衣装

ヘアメイクデザイン

編集

音響効果

音楽

助監督

スクリプター

キャスティング

制作担当

ラインプロデューサー

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝、ギャガ
上映時間 124分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

「空っぽの器」という言葉が、役所広司主演作『CURE』を想起させる

謎めいた事件の真相を追う者が、対峙する犯人の闇にいつしか取り込まれてしまうという筋は、映画にもたびたび登場する。接見室のガラス越しの対話シーンという点では、近年の傑作『凶悪』(白石和彌監督)と共...

AuVisさん

監督が言いたい事を都合良く描いただけ。

監督の自慰映画ですね。

sumomojamさん

期待してたけど

これまた観てるうちに、やっぱりねw って、作品でした。

八月猫さん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

暗黒映画を装った、是枝流の裏返されたダークなホームドラマではないか

近年、是枝裕和監督は自らを小津、成瀬に代表される日本の古典的な家庭劇の系譜に位置づけながら、親密さにあふれるホームドラマを好んで描いてきたが、一転、新作は血も凍るような惨殺シーンで幕を開ける。殺人の前科をもつ三隅(役所広司)が解雇され...

インタビュー

福山雅治×役所広司、真っ向から対峙した是枝組に思い馳せる

日本を代表する映画作家・是枝裕和監督が、新たな傑作「三度目の殺人」を完成させた。近年、ホームドラマに軸足を置いていた是枝監督が今回、題材として選んだのは法廷心理劇。1年間以上にわたり弁護士や検事への取材を敢行するなど、丁寧な開発期間を...

関連ニュース