ナミヤ雑貨店の奇蹟

129分
 

特集

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

東野圭吾の同名ベストセラー小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介と名優・西田敏行の共演で実写映画化。過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描く。2012年。養護施設出身の敦也は、幼なじみの翔太や幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこは、かつて町の人々から悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。現在はもう廃業しているはずの店内で一夜を過ごすことに決める3人だったが、深夜、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれたことに気づく。投げ込まれていたのは1980年に書かれた悩み相談の手紙で、敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことに。やがて、この雑貨店と浪矢の意外な秘密が明らかになり……。監督は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

エグゼクティブプロデューサー

製作

企画

企画プロデュース

プロデューサー

撮影

照明

録音

美術

装飾

衣装デザイン

ヘアメイク

編集

音楽

音楽プロデューサー

主題歌

視覚効果

スクリプター

キャスティング

助監督

制作担当

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 KADOKAWA、松竹
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

製作委員会方式の弊害なのか

東野圭吾原作、ジャニタレ主演に豪華共演陣、監督は売れっ子の廣木隆一と、お金も手間ひまもかかった映画なのに、つらい観賞体験だった。 冒頭で夜中の商店街(街灯は点灯)を逃走する不良3人。職質を気に...

AuVisさん

懐かしいけど

風景は懐かしいけど、少々冗漫な感じを受けました。

でででさん

よくまとまってる

先に原作読んだで結構端折ってて 辻褄合うのか心配だったけど、 うまくまとまってて、いい出来になってた思います。

しげぼんさん

DVD・ブルーレイ情報

インタビュー

山田涼介はジェームズ・ディーンの再来!? 西田敏行が太鼓判を押す理由

「ジェームズ・ディーンの出現に近いものを感じる」とは、日本を代表する名優・西田敏行の弁だ。時代を変えた世界的名優と並べられたのは、東野圭吾の同名小説を映画化した「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で主演を務めた山田涼介(Hey! Say! JUMP...

関連ニュース