「製作委員会方式の弊害なのか」ナミヤ雑貨店の奇蹟 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ナミヤ雑貨店の奇蹟

劇場公開日 2017年9月23日
全176件中、165件目を表示
  •  
映画レビューを書く

製作委員会方式の弊害なのか

東野圭吾原作、ジャニタレ主演に豪華共演陣、監督は売れっ子の廣木隆一と、お金も手間ひまもかかった映画なのに、つらい観賞体験だった。

冒頭で夜中の商店街(街灯は点灯)を逃走する不良3人。職質を気にしているくせに懐中電灯つけて無駄に目立つ。これは頭の悪そうな話だと早々にげんなり。林遣都が火事の孤児院に飛び込んで、2階テラスで救出対象の子を発見。燃えさかる屋内に戻っていくのだが、幼児を抱いて飛び降りれば軽い骨折程度で済んだのでは?山下達郎に劇中歌を書き下ろしてもらったから2コーラスは流そうという判断なのか、歌手に扮する門脇麦がライブシーンだけでなく、とってつけたようなPV風の映像で踊らされる。冗長。

廣木監督の好きな作品も多いのだが、本作に限っては「俳優が泣いて音楽流せば感動するでしょ」みたいな安っぽい演出が鼻につく。いろいろ大人の事情で、妥協の産物になってしまったのではないか。

AuVis
さん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 27 件)
MaRiN
MaRiNさんのコメント
投稿日:2017年10月12日

ファンタジー作品だから多少いろいろな設定に目をつぶって観ようと思いましたが、やはり引っかかる部分が多いですよね。期待が大きかった分、残念ですよね。私だけがこのような感想を持っていると思っていたので、同じ感想の方がいて少し安心しました。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi