ステキな金縛り

142分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜監督が同作以来3年ぶりにメガホンをとり、法廷サスペンスやファンタジーの要素も盛り込んで送り出すオリジナル長編コメディ。三流弁護士のエミが、担当する殺人事件の弁護のため、被告人のアリバイを唯一証明できる落ち武者の幽霊・更科六兵衛を法廷に引っ張り出そうと奮闘する姿を描く。主演は深津絵里、西田敏行。共演に竹内結子、浅野忠信、篠原涼子、佐藤浩市ら豪華キャストが集う。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

企画

プロデューサー

脚本

撮影

照明

録音

美術

音楽

編集

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 142分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

落ち武者にしゃべらせるというプロットはもしかすると陳腐。 でも、お...

落ち武者にしゃべらせるというプロットはもしかすると陳腐。 でも、おもしろい。 ど過疎の村は三谷幸喜が好きなのかな。

tsucchi1989さん

よかったー。笑いと涙が交互に出てくる。 落ち武者も嫌疑が晴れて記念...

よかったー。笑いと涙が交互に出てくる。 落ち武者も嫌疑が晴れて記念碑ができるし、殺人の真犯人も捕まるし、父親との再会もできたし、検事も死に目に会えなかった犬と会えたし、ほっこりしたなぁ。 最...

キッスィさん

最後の中井貴一が・・・。

ラスト付近で中井貴一が「裁判は勝ち負けではないからね」と二回って三回め振り返った時、何も言わないという演出が最高でした。 普通ならあそこでもう一回言わせるのに、三谷幸喜は天才だ〜。

ねじまき鳥さん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

ノミネート

作品賞
監督賞 三谷幸喜
脚本賞 三谷幸喜
主演女優賞 深津絵里
音楽賞 荻野清子