国内映画ランキング : 2007年1月20日~2007年1月21日

映画ランキング : 2007年1月23日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年1月20日~2007年1月21日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

メイン館

上映週

1

ディパーテッド

配給:ワーナー

サロンパス・ルーブル 丸の内ほか松竹・東急系 1
2

マリー・アントワネット

配給:東宝東和/ 東北新社

日劇3ほか東宝系 1
3 3

硫黄島からの手紙

配給:ワーナー

丸の内ピカデリー1ほか 松竹・東急系 7
4 1

愛の流刑地

配給:東宝

日劇2ほか東宝系 2
5 2

モンスター・ハウス

配給:ソニー

みゆき座ほか東宝系 2
6

それでもボクはやってない

配給:東宝

シャンテシネほか東宝系 1
7 4

武士の一分

配給:松竹

丸の内ピカデリー2ほか 松竹・東急系 8
8

僕は妹に恋をする

配給:東芝

恵比寿ガーデンシネマほか 1
9 5

大奥

配給:東映

丸の内TOEI1ほか東映系 5
10 6

劇場版どうぶつの森

配給:東宝

お台場シネマメディアージュほか東宝系 6

※ファーストラン時点

■「ディパーテッド」が首位。「マリー・アントワネット」が2位

番組ねつ造事件やら宮崎県知事選やら、イベント級のニュースでマスコミが盛り上がった週末だが、映画館にも客足が戻ってきて久々に盛り上がった。まずは、マーティン・スコセッシ監督が「本当は作りたくなかった」という爆弾発言で配給会社をハラハラさせた「ディパーテッド」。初日・2日間の成績は、動員およそ21万1000人、興収約2億8800万円。まずは興収15億円以上を確実にした。2位にはソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」。2日間で動員およそ20万5800人、興収2億8200万円と、首位とはかなりの僅差である。しかもこちらは女性客が中心、おばさま方も見に行くので、平日の日中も稼働する。最終的には、「ディパーテッド」を上回る興収20億円以上が見込まれている。6位には、周防正行監督の「それでもボクはやってない」がランクイン。周防監督、11年のブランクの間に映画界もずいぶん変わり、舞台挨拶に立った劇場(メイン館)はシャンテ・シネ。しかしながら全国では200スクリーン強が用意され、2日間で興収約1億1600万円を叩き出し、興収10億円以上を確実にするという地力の強さを見せつけた。もう1本、初登場で8位につけたのが「僕は妹に恋をする」。人気コミックの映画化で、「嵐」の松潤主演作。たった76スクリーンから興収8000万円以上を絞り取ってのトップ10入りはお見事と言える。

2007年1月23日更新 駒井尚文

過去のランキング