国内映画ランキング : 2007年1月6日~2007年1月7日

映画ランキング : 2007年1月9日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年1月6日~2007年1月7日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

メイン館

上映週

1 1

硫黄島からの手紙

配給:ワーナー

丸の内ピカデリー1ほか 松竹・東急系 5
2 2

大奥

配給:東映

丸の内TOEI1ほか東映系 3
3 4

劇場版どうぶつの森

配給:東宝

お台場シネマメディアージュほか東宝系 4
4 5

武士の一分

配給:松竹

丸の内ピカデリー2ほか 松竹・東急系 6
5 3

エラゴン/遺志を継ぐ者

配給:フォックス

日劇1ほか東宝系 4
6 6

007/カジノ・ロワイヤル

配給:ソニー

サロンパス・ルーブル 丸の内ほか松竹・東急系 6
7 7

ライアンを探せ!

配給:ブエナビスタ

丸の内プラゼールほか 松竹・東急系 4
8 10

犬神家の一族

配給:東宝

有楽座ほか東宝系 4
9 8

シャーロットのおくりもの

配給:UIP

日比谷スカラ座ほか東宝系 3
10 9

NANA2

配給:東宝

日劇2ほか東宝系 5

※ファーストラン時点

■「硫黄島」がV5。「大奥」「どうぶつの森」が2、3位

今年最初の3連休は、全国的な荒天もあり、映画にとってもあまり盛り上がらない連休となった。5週連続で首位を守ったのは、安倍首相やアッキーも鑑賞した「硫黄島からの手紙」。興収はすでに30億円を突破している。これが全正月映画中の第1位となるが、興収50億円には手が届かない可能性が高い。以下、今週の順位はさておき、正月映画の全体順位をご紹介(順位は予想です)。第2位は「武士の一分」。現在までの興収はおよそ30億円。松竹としては「座頭市」の28.5億円を久しぶりに超えており、最終的には40億円あたりまで行きたいところ。松竹・東急系公開の作品がワンツーを飾る中、東宝系では3位の「エラゴン」が最上位。主にシネコンで高稼働しており、ここまでおよそ興収15億円。最終的には25億円付近まで行くか。そして4位は、松竹・東急系に戻って「007 カジノ・ロワイヤル」。こちらも興収15億円は超えており、興収20億円以上が確実。5位には東映系の「大奥」が食い込む。これまでに12億円を超え、20億円まで手が届くかも知れない。6位以下は「どうぶつの森」「NANA2」「ライアンを探せ!」「犬神家の一族」「シャーロットのおくりもの」らの順位争いとなる。東宝系での公開作品が伸び悩んだ正月興行、今年は前年を20%ほど下回るのではないかというもっぱらの噂だ。

2007年1月9日更新 駒井尚文

過去のランキング