国内映画ランキング : 2007年1月13日~2007年1月14日

映画ランキング : 2007年1月16日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2007年1月13日~2007年1月14日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

メイン館

上映週

1

愛の流刑地

配給:東宝

日劇2ほか東宝系 1
2

モンスター・ハウス

配給:ソニー

みゆき座ほか東宝系 1
3 1

硫黄島からの手紙

配給:ワーナー

丸の内ピカデリー1ほか 松竹・東急系 6
4 5

武士の一分

配給:松竹

丸の内ピカデリー2ほか 松竹・東急系 7
5 2

大奥

配給:東映

丸の内TOEI1ほか東映系 4
6 3

劇場版どうぶつの森

配給:東宝

お台場シネマメディアージュほか東宝系 5
7

ラッキーナンバー7

配給:アートポート

丸の内プラゼールほか 松竹・東急系 1
8 5

エラゴン/遺志を継ぐ者

配給:フォックス

日劇1ほか東宝系 5
9 6

007/カジノ・ロワイヤル

配給:ソニー

サロンパス・ルーブル 丸の内ほか松竹・東急系 7
10 8

犬神家の一族

配給:東宝

有楽座ほか東宝系 5

※ファーストラン時点

■「愛ルケ」が首位デビュー。「モンスター・ハウス」が2位

正月2弾シーズンが開幕。まずはトヨエツと寺島しのぶの濃密ラブシーンが話題の「愛の流刑地」が首位デビューを飾った。初日・2日目の成績は、動員およそ12万人、興収約1億5800万円というもの。この勢いでいけば、興収15億以上が確実で、20億円も目指せる。渡辺淳一原作では、97年の「失楽園」が興収40億円を稼いでおり、その半分程度の興行規模となろう。続いて2位には、スピルバーグとゼメキスがプロデュースしたCGアニメ「モンスター・ハウス」。こちらは初日・2日目で動員およそ11万7600人、興収約1億4400万円と、「愛ルケ」とほとんど変わらない水準。ちょっとしたサプライズだ。しかし、ファミリー向けなので平日はそれほど高稼働が見込めず、最終的には10億円前後の興収となろう。以下、続映の正月作品は「硫黄島」と「武士」が上位で粘っているが、「大奥」「どうぶつの森」「エラゴン」などは、世の中の正月気分が薄まっていくのと比例して興収も萎んでいる。今週は初登場がもう1本、7位に「ラッキーナンバー7」がランクインした。全米では昨年の4月に公開された作品だが、日本では批評家の評価が高かったので、もう少し上に行きたかったところだろう。

2007年1月16日更新 駒井尚文

過去のランキング