アリエル・ブロメン : ウィキペディア(Wikipedia)

アリエル・ヴロメン(Ariel Vromen、1973年2月14日 - )は、イスラエルの映画監督、脚本家である。

経歴

1973年2月14日、テル・アビブに生まれる。フェデリコ・フェリーニイングマール・ベルイマンマーティン・スコセッシの映画を見て育った。ケント大学にて法律を学び、学位を取得したのち、ロサンゼルス・フィルム・スクールとニューヨーク大学にて映画を学んだ。

2005年、『ザ・カオス』の監督と脚本を手がける。2006年、マリサ・トメイ主演の『Danika』を監督する。マイケル・シャノン主演の『THE ICEMAN 氷の処刑人』(2012年)では監督と脚本、製作を手がけた。2016年、ケヴィン・コスナー主演の『クリミナル 2人の記憶を持つ男』を監督する。

フィルモグラフィー

長編映画

  • ザ・カオス Rx (2005年) - 監督・脚本
  • Danika (2006年) - 監督
  • THE ICEMAN 氷の処刑人 The Iceman (2012年) - 監督・脚本・製作
  • クリミナル 2人の記憶を持つ男 Criminal(2016年) - 監督

短編映画

  • Jewel of the Sahara (2001年) - 監督・脚本・製作・編集

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/11/27 02:04 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「アリエル・ブロメン」の人物情報へ