デビッド・ミショッド : ウィキペディア(Wikipedia)

デヴィッド・ミショッド(David Michôd、1972年11月30日 - )は、オーストラリアの映画監督、脚本家である。『アニマル・キングダム』を手がけたことで知られている。

経歴

1972年11月30日、シドニーに生まれる。メルボルン大学で学んだ。

2010年、『アニマル・キングダム』で長編映画監督デビューを果たす。同年、『メタルヘッド』の脚本を手がける。2014年には、ガイ・ピアースロバート・パティンソンを主演に迎えた『奪還者』が第67回カンヌ国際映画祭にて上映された。2017年、ブラッド・ピット主演の『』で監督と脚本を手がけた。

フィルモグラフィー

長編映画

  • アニマル・キングダム Animal Kingdom (2010年) - 監督・脚本・出演
  • メタルヘッド Hesher (2010年) - 脚本
  • 奪還者 The Rover (2014年) - 監督・脚本・原案・製作
  • War Machine (2017年) - 監督・脚本

短編映画

  • ソロ ロスト・アット・シー 冒険家アンドリュー・マッコリーの軌跡 Solo (2008年) - 監督

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/10 04:45 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「デビッド・ミショッド」の人物情報へ