米山正夫 : ウィキペディア(Wikipedia)

米山 正夫(よねやま まさお、1912年(大正元年)10月3日 - 1985年(昭和60年)2月22日)は、日本の作曲家・作詞家である。

人物

東京・穏田(おんでん、現在の渋谷区)に生まれる散策マップNo.3 『JR原宿駅から、妙円寺まで』 渋谷歴史散歩の会、2002年4月発行。。旧制成蹊高等学校尋常科に進むが、音楽の道を諦めきれずに東洋音楽専門学校(現在の東京音楽大学)へ転入する。

1934年にピアノ科を首席で卒業し、藤原義江のピアノ伴奏などで修行を重ねる。

同年に江戸川蘭子の「春の謳歌」で作曲家デビュー。

1936年、ポリドールレコードの廉価盤だったコロナレコードのピアノ伴奏者となるが、コロナレコードが成功したことから、専属作曲家となった。大東亜戦争中の1942年には高峰秀子の歌で歌謡曲「森の水車」を発表するも、敵性的な楽曲であるとして、発売4日で発禁処分となった。

1944年、満州国奉天中央放送局勤務となる。前年に大東亜レコード(ポリドールレコード)が大東亜航空工業に改名し、閉鎖したためである。1945年5月、関東軍に現地応召を受ける。敗戦と同時にシベリアのコムソモリスク地区に抑留されたが翌年12月に帰国。復員後は住む場所が無かったので、弟の家で居候生活をした。

1947年、親友である近江俊郎の尽力で『NHKラジオ歌謡』で放送された『山小舎の灯』を手掛けヒット。これが作曲家として初の大ヒットとなり、「南の薔薇」、「森の水車」などが続けてヒットし、コロムビア専属作曲家となる。その頃、同じく復員してきた青木光一と再会。その後も、『リンゴ追分』、『車屋さん』、『津軽のふるさと』、『長崎の蝶々さん』など、初期の美空ひばりのヒット曲を数多く手掛けた。

1963年、クラウンレコード創設と共に同社の専属になり、西郷輝彦「涙をありがとう」、美樹克彦「花はおそかった」、水前寺清子『三百六十五歩のマーチ』、小林旭『赤いトラクター』、同じくヤンマーの『ヤン坊マー坊天気予報』のテーマ曲としてお馴染みの『ヤン坊マー坊の唄』、美川憲一『おんなの朝』など多くのヒット作品を残した。

1981年には紫綬褒章を受章。

1985年2月22日、長年患っていた糖尿病から肺炎を併発して死去。享年72。死後に勲四等旭日小綬章を追贈された。

葬儀では愛弟子の一人であった美空ひばりが弔辞を読んだ。

主な代表曲(全て作曲を担当)

  • 『春の謳歌』(昭和10年4月) 作詞:米山正夫、歌:江戸川蘭子
  • 『櫻三里』(昭和11年3月) 作詞:宇野美樹、歌:中野忠晴、音丸
  • 『只今帰って参りました』(昭和16年5月) 作詞:清水みのる、歌:上原敏、台詞佐野周二
  • 『山小舎の灯』(昭和22年11月) 作詞:米山正夫、歌:近江俊郎
    • 1942年(昭和17年)の冬に高峰秀子が歌うことを想定して作曲されたが、当時の米英音楽の規制により「米英的なメロディ」であるとして未発売に終わった。LPレコード『懐かしのメロデー 日本歌謡史 第11集 昭和19年〜22年』(国際情報社)付属ライナーノーツ、20頁(同ページの著者は森一也)。
  • 『南の薔薇』(昭和23年7月) 作詞:野村俊夫、歌:近江俊郎
  • 『思い出は雲に似て』(昭和24年1月) 作詞:米山正夫、歌:近江俊郎
  • 『村の一本橋』(昭和24年5月) 作詞:米山正夫、歌:二葉あき子
  • 『陽気な喫茶店』(昭和24年7月) 作詞:奥野椰子夫、歌:黒木曜子
  • 『巨人軍の歌(ジャイアンツ・ソング)』(昭和24年10月) 作詞:岡野青志、補作詞藤浦洸、歌:藤山一郎
  • 『たそがれの薔薇』(昭和25年4月) 作詞:西條八十、歌:高峰三枝子
  • 『水車小屋の花』(昭和26年1月) 作詞:鈴木比呂志、歌:近江俊郎
  • 『森の水車』(昭和26年8月) 作詞:清水みのる、歌:並木路子
    • 1942年(昭和17年)、高峰秀子の歌でレコードが発売されるも、発売禁止となった。
  • 『月が出ている港町』(昭和27年1月) 作詞:野村俊夫、歌:青木光一
  • 『リンゴ追分』(昭和27年5月) 作詞:小沢不二夫、歌:美空ひばり
  • 『りんご園の少女』(昭和27年8月) 作詞:藤浦洸、歌:美空ひばり
  • 『馬っ子先生/津軽のふるさと』(昭和28年3月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『日和下駄』(昭和29年5月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『若人スキーヤー』(昭和30年12月) 作詞:米山正夫、歌:岡本敦郎
  • 『キャラバンの太鼓』(昭和30年12月) 作詞:米山正夫、歌:伊藤久男
  • 『長崎の蝶々さん』(昭和32年7月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『浮かれ駕籠』(昭和32年9月) 作詞:米山正夫、歌:高田浩吉
  • 『夜来香の女』(昭和32年11月) 作詞:西沢爽、歌:胡美芳
  • 『ロカビリー剣法』(昭和33年6月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『花笠道中』(昭和33年6月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『お座敷ロック』(昭和33年11月) 作詞:関沢新一、歌:五月みどり
    • 五月みどりのデビュー曲。
  • 『大川ながし』(昭和34年3月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『霧よ雲よ峰よ』(昭和35年7月) 作詞:横山祐吉、歌:三鷹淳
    • 日本ユースホステル協会制定歌。
  • 『ひばりのドドンパ/車屋さん』(昭和36年5月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『若草の丘』(昭和38年7月) 作詞:北里有紀生、歌:本間千代子
  • 『純愛の白い砂』(昭和38年11月) 作詞:米山正夫、歌:本間千代子
  • 『関東春雨傘』(昭和38年12月) 作詞:米山正夫、歌:美空ひばり
  • 『そよ風デイト』(昭和39年10月) 作詞:米山正夫、歌:高石かつ枝
  • 『青年おはら節』(昭和40年1月) 作詞:星野哲郎、歌:西郷輝彦
  • 『恋人ならば』(昭和41年1月) 作詞:米山正夫、歌:西郷輝彦
  • 『恋のGT』(昭和41年1月) 作詞:米山正夫、歌:西郷輝彦
  • 『兄妹の星』(昭和41年10月) 作詞:米山正夫、歌:西郷輝彦、水沢有美
  • 『いたずらっぽい目』(昭和42年8月) 作詞:水島哲、歌:由美かおる
  • 『花はおそかった』(昭和42年3月) 作詞:星野哲郎、歌:美樹克彦
  • 『大巨獣ガッパ』(昭和42年4月) 作詞:一条ひかり、歌:美樹克彦
    • 映画『大巨獣ガッパ』主題歌。
  • 『いつでも君は』(昭和42年9月) 作詞:星野哲郎、歌:水前寺清子
  • 『三百六十五歩のマーチ』(昭和43年11月) 作詞:星野哲郎、歌:水前寺清子
  • 『真実一路のマーチ』(昭和44年10月) 作詞:星野哲郎、歌:水前寺清子
  • 『みれん町』(昭和45年8月) 作詞:西沢爽、歌:美川憲一
  • 『兄弟ギター』(昭和45年11月) 作詞:能勢英男、歌:北島三郎
  • 『おんなの朝』(昭和45年12月) 作詞:西沢爽、歌:美川憲一
  • 『ある少尉の遺言』(昭和46年11月) 作詞:藤田まさと、歌:東海林太郎
    • 東海林太郎ラストシングルレコード。
  • 『寅さん音頭』(昭和50年7月) 作詞:星野哲郎、歌:渥美清
  • 『祭りのあと』(昭和50年9月) 作詞:星野哲郎、歌:渥美清
  • 『東京銀座は他人町』(昭和54年2月)作詞:能勢英男、歌:小林旭
  • 『赤いトラクター』(昭和54年4月) 作詞:能勢英男、歌:小林旭
    • ヤンマー「ディーゼルトラクター」CMソング。
  • 『ブライダルベール』(昭和57年11月) 作詞:星野哲郎、歌:藤山一郎
  • 『ヤン坊・マー坊の唄』 作詞:能勢英男
    • オリジナル版の歌手は木村和子と山口えみの二人。1963年(昭和38年)頃、コロムビアよりシングル盤が発売されていた。
  • 『南海放送の歌』(南海放送社歌 歌:ボニー・ジャックス)
  • 『近鉄バファローズの歌』(旧大阪近鉄バファローズの球団歌)
  • 『神奈川県立港北高等学校校歌』(いんぐりもんぐりがカバー)
  • 『旭丘高等学校校歌』
  • 『マキノ町の歌/マキノ音頭』(現・滋賀県高島市 マキノの町歌として昭和39年に制作)

門下生

参考文献

  • 米山正夫全集、コロムビアレコード、2012年。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/07 14:10 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「米山正夫」の人物情報へ