モーリス・ロネ : ウィキペディア(Wikipedia)

モーリス・ロネMaurice Ronet, 1927年4月13日 - 1983年3月14日)はフランス・ニース出身の俳優。

来歴

両親共に舞台俳優であった。14歳で初舞台を踏み、パリのフランス国立高等演劇学校 (コンセルヴァトワール)を卒業後、ジャック・ベッケル監督に認められて映画デビュー。1950〜1960年代のフランス・イタリア映画を支えた。生涯で100本以上の作品に出演し、1983年、癌で死去。55歳没。

1950年に結婚したが1956年に離婚、その後は1977年よりジョセフィン・チャップリン(チャールズ・チャップリンの娘)と暮らし、二人の間には息子が一人いた。

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
1952 七つの大罪Les Sept péchés capitaux Le curé
1953 ボルジア家の毒薬Lucrèce Borgia ペロトオ
1956 野性の誘惑La Sorcière Laurent Brulard
1957 宿命Celui qui doit mourir Michelis
死刑台のエレベーターAscenseur pour l'échafaud ジュリアン・タヴェルニエ
1958 スパイ戦線Carve Her Name with Pride ジャック
1960 太陽がいっぱいPlein soleil フィリップ・グリーンリーフ
1961 さよならパリLes Grandes personnes フィリペ
1963 カサブランカの夜Noches de Casablanca モーリス
鬼火Le Feu follet アラン・ルロワ
勝利者The Victors French Lieutenant
1964 輪舞La Ronde アンリ(ソフィーの夫)
リーザの恋人Donde tú estés Paul Vallier
1965 マンハッタンの哀愁Trois chambres à Manhattan フランシス
1966 殺意Le Scandale ポール
名誉と栄光のためでなくLost Command ボアフラ
1967 快楽の園Il giardino delle delizie カルロ
1968 ペルーの鳥Les oiseaux vont mourir au Pérou レーニエ
水色のビキニのマドモアゼルHow Sweet It Is! フィリップ
1969 不貞の女La Femme infidèle Victor Pegala
女性たちLes Femmes ジェローム
太陽が知っているLa Piscine ハリー
ザ・スカーレット・レディーLa Femme écarlate フランソワ
1970 どしゃ降りQui? セルジュ
1971 パリは霧にぬれてLa Maison sous les arbres L'homme de l'organisation
1972 野獣の匂い 新スキャンダル・潜入秘密クラブL'Odeur des fauves Marc Fontemps
1973 暗黒街の仁義Sans sommation Raoul Maury
ドンファンDon Juan ou Si Don Juan était une femme... ピエール・ゴンザブ
ヘリコプター脱獄L'Affaire Crazy Capo Diserens
1974 マルセイユ特急The Marseille Contract Inspector Briac
1977 マダム クロードMadame Claude ピエール
1978 チェイサーMort d'un pourri Philippe Dubaye
1979 華麗なる相続人Bloodline シャルル・マルタン
1981 スフィンクスSphinx イボン
1982 愛しきは、女 ラ・バランスLa Balance ロジェ・マッシナ
1983 さよなら夏のリセSurprise Party Georges Levesques

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/10/31 07:23 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「モーリス・ロネ」の人物情報へ