マデリーン・キャロル : ウィキペディア(Wikipedia)

マデリーン・キャロル(Madeleine Carroll、本名:Edith Madeleine Carroll、1906年2月26日 - 1987年10月2日)は、イギリス出身の女優である。バーミンガム大学卒業後、1928年に映画デビューを果たし、のちにハリウッドでも活躍した。

フィルモグラフィ

  • アトランティック Atlantic (1929)
  • 空襲と毒瓦斯 I Was a Spy (1933)
  • 世界は動く The World Moves On (1934)
  • 三十九夜 The 39 Steps (1935)
  • 死刑か無罪か The Case Against Mrs. Ames (1936)
  • 間諜最後の日 Secret Agent (1936)
  • 将軍暁に死す The General Died at Dawn (1936)
  • 勝鬨 Lloyd's of London (1936)
  • 陽気な街 On the Avenue (1937)
  • 恋のみちぐさ It's All Yours (1937)
  • ゼンダ城の虜 The Prisoner of Zenda (1937)
  • 北西騎馬警官隊 North West Mounted Police (1940)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/10/06 14:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「マデリーン・キャロル」の人物情報へ