松岡清治 : ウィキペディア(Wikipedia)

松岡 清治(まつおか きよはる、1954年1月7日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。

来歴・人物

修徳高等学校では投手として活躍。1970年秋季東京大会で準々決勝に進むが、日大三高の渡部良克(日大-名古屋日産)に完封負けを喫する。

1971年のドラフト7位でヤクルトスワローズ入団。ルーキー時の1972年にはジュニアオールスターにも出場、同年のイースタンリーグでは最多勝(12勝6敗)をはじめ4つのタイトルを獲得した。一軍でも5試合に登板し、翌年の新人王の最有力候補といわれたが、その後はほとんど出場機会に恵まれなかった。

1976年、ロッテオリオンズに伊達泰司との交換トレードで移籍。同年6月27日にはプロ初先発、近鉄の井本隆と投げ合い7回1/3を1失点と好投するが、打線の援護がなく敗戦投手となる。10月4日には同じ近鉄を相手に2回目の先発、しかし3回を2失点と打ち込まれ降板した。1976年は16試合に登板するが、翌1977年は出番がなく同年限りで引退。

181センチの恵まれた体格を活かし真っ向から投げ下ろす本格派で、角度のある速球に威力があった。変化球はカーブ、フォーク、シュート、スライダーを武器とした。

詳細情報

年度別投手成績

ヤクルト5000000--------347.0914003008810.291.86
ロッテ162000010--.00021450.24671702200028234.061.24
通算:2年212000010--.00024857.25582102230036314.811.32

背番号

  • 46 (1972年 - 1975年)
  • 26 (1976年 - 1977年)

登録名

  • 松岡 清治 (まつおか きよはる、1972年 - 1976年)
  • 松岡 諭吾 (まつおか ゆうご、 1977年)

関連項目

  • 東京都出身の人物一覧
  • 東京ヤクルトスワローズの選手一覧
  • 千葉ロッテマリーンズの選手一覧

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/06/23 09:59 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「松岡清治」の人物情報へ