フィル・アルデン・ロビンソン : ウィキペディア(Wikipedia)

フィル・アルデン・ロビンソンPhil Alden Robinson 1950年3月1日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州ロングビーチ出身の映画監督、脚本家。脚本家としては「ジャック・T・D・ロビンソン(Jack T.D. Robinson)」や「クリス・リーゼ(Chris Reese)」の名義を使うこともある。

ユニオン大学卒業後、教育映画や産業映画の制作に携わった後、テレビドラマの演出を経て脚本家として映画界に入る。1989年、『フィールド・オブ・ドリームス』の監督・脚本を務め、高い評価を受けた。

映画監督作品

  • ウー・ウー・キッド In the Mood (1987) 脚本・監督
  • フィールド・オブ・ドリームス Field of Dreams (1989) 脚本・監督
  • スニーカーズ Sneakers (1992) 脚本・監督
  • トータル・フィアーズ The Sum of All Fears (2002) 監督
  • 余命90分の男 The Angriest Man in Brooklyn (2014) 監督

脚本など

  • クラブ・ラインストーン/今夜は最高! Rhinestone (1984) 原案・脚本
  • オール・オブ・ミー/突然半身が女に! All of Me (1984) 劇場未公開、脚本
  • ゴースト・パパ Ghost Dad (1990) 原案・脚本 ※クリス・リーゼ名義
  • チェンバー/凍った絆 The Chamber (1996) 脚本 ※クリス・リーゼ名義
  • エニグマ奪還 All the Queen's Men (2001) 劇場未公開、製作総指揮
  • バンド・オブ・ブラザーズ Band of Brothers (2001) テレビドラマ、監督
  • シナトラ Sinatra 脚本(予定)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/07/24 00:59 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「フィル・アルデン・ロビンソン」の人物情報へ