パトリシア・ロゼマ : ウィキペディア(Wikipedia)

パトリシア・ロゼマ(Patricia Rozema、1958年8月20日 - )は、カナダの映画監督、脚本家。

経歴

1958年8月20日、オンタリオ州キングストンに生まれる。両親はオランダ人の移民である。同州サーニアで育った。カルヴァン大学にて哲学と英文学を学び、文学士号を取得した。

1987年、『私は人魚の歌を聞いた』で長編映画監督デビューを果たす。2008年、アビゲイル・ブレスリン主演の『キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー』を監督する。2015年、エリオット・ペイジエヴァン・レイチェル・ウッドを主演に迎えた監督作品『スイッチ・オフ』が第40回トロント国際映画祭にて上映される。

フィルモグラフィー

映画

  • 私は人魚の歌を聞いた I've Heard the Mermaids Singing (1987年) - 監督・脚本・編集・製作
  • ホワイトルーム White Room (1990年) - 監督・脚本・製作
  • 月の瞳 When Night Is Falling (1995年) - 監督・脚本
  • マンスフィールド・パーク Mansfield Park (1999年) - 監督・脚本
  • キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー Kit Kittredge: An American Girl (2008年) - 監督
  • スイッチ・オフ Into the Forest (2015年) - 監督・脚本

テレビ

  • Tell Me You Love Me (2007年) - 監督

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/07 07:43 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「パトリシア・ロゼマ」の人物情報へ