早瀬久美 : ウィキペディア(Wikipedia)

早瀬 久美(はやせ くみ、1951年12月25日 - )は、兵庫県出身の女優。本名、物集(もづめ)久美子。カロスエンターテイメント所属。

来歴・人物

兵庫県神戸市に生まれる。父の物集恭次郎は、国学者・物集高見の娘・物集千代子の息子である。

神戸山手女子中学校在学中の1966年にミス・ジュニア・フラワーコンテストに入賞。これがきっかけで松竹からスカウトされ、4月には北鎌倉女子学園へ転校、同年11月に映画『紀ノ川』の端役で銀幕デビュー。1968年にはフジテレビ系列のテレビドラマ『お嫁さん』で初主演を果たす。

1971年、日本テレビ系列のテレビドラマ『おれは男だ!』(主演:森田健作)にヒロイン・吉川操(吉川くん)役でレギュラー出演する。ドラマは大ヒット番組となり、早瀬を代表する作品の一つとなった。以降は多くのテレビドラマに出演して活躍する。

1975年、毎日放送のワイドショー『奥さん2時です』の司会を務める。1976年、大伯父の物集高量が東京作家クラブ賞を受けた際には、高量の代理として授賞式に出席した。

1978年から1979年にかけて、早瀬久美子と改名していた時期がある。

1980年に結婚。1983年に一時女優を引退して渡米、サンフランシスコに移住し同地で出産。1989年、サンフランシスコ地震に遭遇。この経験から地震学の専門書を渉猟し、地震に関する造詣の深さでも知られる。同地でポーセリンドール作りを学び、1990年に帰国し、陶芸教室を経営する。

2002年、19年ぶりに長らく離れていた芸能界に復帰した。2005年に森田健作が千葉県知事選に出馬した際には、選挙戦最終日にJR千葉駅前での最後の演説に応援に駆け付けた。

2007年離婚。2009年1月、テレビ東京のLドラ『サギ師 リリ子』にて、「あなたの光でいたい」(愛のドラマシリーズ)以来31年ぶりに連続テレビドラマにレギュラー出演した。以前は海外ブランドショップを営んでいたが、現在は退いている。

出演

映画

  • 紀ノ川(1966年、松竹)
  • 汐風の中の二人(1966年、松竹) - 川久保ナミ 役
  • 恋する年ごろ(1966年、松竹)
  • 宴(1967年、松竹) - 淳子 役
  • 恋をしようよ カリブの花(1967年、松竹)
  • 若社長大奮戦(1967年、松竹)
  • 若社長レインボー作戦(1967年、松竹)
  • また逢う日まで 恋人の泉(1967年、松竹)
  • 花の宴(1967年、松竹) - 丹羽静子 役
  • 恋の季節(1969年、松竹)
  • 結婚します(1969年、松竹)
  • とめてくれるなおっ母さん(1969年、松竹)
  • いい湯だな全員集合!!(1969年、松竹)
  • 喜劇 逆転旅行(1969年、松竹)
  • 喜劇 深夜族(1969年、松竹) - ミヨ子 役
  • 誰かさんと誰かさんが全員集合!!(1970年、松竹)
  • 喜劇 夜光族(1971年、松竹)
  • 春だドリフだ全員集合!!(1971年、松竹)
  • にっぽん美女物語(1974年、松竹)

テレビドラマ

  • お嫁さん 第4シリーズ(1968年、CX) - 由紀 役
  • 丸太と包丁(1968年、NTV)
  • 青春太閤記 いまにみておれ!(1970年、NTV) - 早苗 役
  • 花王 愛の劇場 「波の塔」(1970年、TBS)
  • おれは男だ!(1971年、NTV) - 吉川操 役
  • 親ばか子ばか 第16話「ごめんあそばせ!」(1971年、TBS)
  • おふくろの味第2シリーズ(1972年、NTV) - 大吉澄子 役
  • キイハンター 第232話「怪奇! 幻の墓の女」(1972年、TBS)
  • 大岡越前 第3部 第17話「天下一の悪い奴」(1972年、TBS / C.A.L) - おしん 役
  • 大江戸捜査網 第86話「いのち捧げます」(1972年、12ch)
  • 木枯し紋次郎 第2シーズン 第7話「海鳴りに運命を聞いた」(1972年、NTV)- お袖 / おえい 役
  • パパと呼ばないで 第19話「嫁にはやれません!」(1973年、NTV) - 早苗 役
  • ご存知時代劇「森の石松」(1973年、NET)
  • 銭形平次 第351話「女将棋指し」(1973年、CX)
  • ファミリー・ロマン「まごころ」(1973年、TBS)
  • 若さま侍捕物手帖 第6話「江戸はガラクタの花盛り」(1973年、KTV) - 志津 役
  • 荒野の用心棒 第18話「黒い陰謀は波涛を越えて…」(1973年、NET / 三船プロ) - お夕 役
  • 子連れ狼 第一部 第20話「八門遁甲の陣」(1973年、NTV)
  • 出発進行!(1973年、12ch)
  • どてらい男(1973年 - 1975年、KTV)
  • 新十郎捕物帖・快刀乱麻 第21話「鳥と鳥とをとりちがえ」(1974年、ABC)
  • 白雪劇場 「大久保彦左衛門」 第29話「赤い陣羽織」(1974年、KTV) - おこう 役
  • せなかあわせ(1974年、KTV)
  • バーディー大作戦 第34話「年忘れ新婚除夜の鐘」(1974年、TBS)
  • 人形姉妹(1975年、THK)
  • グランド劇場「八丁目のダメ親父! カンナ・トンカチ・キリキリ舞い」(1976年、NTV)
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風III 第12話「浮気妻の仇」(1977年、CX)
  • 桃太郎侍 (NTV)
    • 第62話「孤児を食った鬼」(1977年) - お仙 役
    • 第158話「父子で彫った愛の面」(1979年)
    • 第245話「涙ボロボロ唐辛子」(1981年)
  • 新・木枯し紋次郎 第11話「笛の流れは三度まで」(1977年、12ch) - お笛 役
  • 水戸黄門 (TBS / C.A.L)
    • 第8部 第28話「愛の奇蹟 -宮崎-」(1978年1月23日) - しお 役
    • 第11部 第7話「うつかり八兵ヱお殿様 -本荘-」(1980年9月29日) - 雪絵 役
  • おてんば人生(1978年、NTV)
  • 太陽にほえろ! 第313話「真夏の悪夢」(1978年、NTV) - 森下節子 役
  • Gメン'75 第169話「深夜バス乗客大量殺人事件」(1978年、TBS) - 雨宮アキコ巡査 役
  • 特捜最前線 第89話「パトロール婦警狙撃事件!」(1978年、ANB)
  • 新五捕物帳 第79話「涙の兄妹人形」(1979年、NTV)
  • 土曜ワイド劇場 (ANB)
    • 白銀の死闘 鮮血のシュプール(1979年)
    • 女教師 コンクリート殺人事件(1980年)
    • 夜桜お七殺人事件(2006年)
  • 遠山の金さん 第2シリーズ 第16話「命ぎりぎり夫婦花」(1979年、ANB)
  • 江戸を斬るIV 第7話「初恋が解いた殺しの鍵」(1979年、TBS) - お牧 役
  • 鉄道公安官 第10話「それは車中で起った」(1979年、ANB)
  • 日本名作怪談劇場 第11話 怪談「鰍沢」〜恨みで塗られた死化粧〜(1979年、12ch)
  • 噂の刑事トミーとマツ 第1シリーズ 第8話「きまった! トミーの投げ銭」(1979年、TBS)
  • 爆走!ドーベルマン刑事 第13話「助けて! アレックス」(1980年、ANB)
  • 西遊記II 第13話「人喰い妖怪 若返りの泉」(1980年2月3日、NTV)- 沈 春蘭 役
  • ミラクルガール 第14話「恐怖の交換殺人」(1980年、12ch / 東映)
  • 非情のライセンス 第3シリーズ 第11話「兇悪の女囚・コールガール殺人事件」(1980年) - 西山女囚
  • ザ・ハングマン 第22話「帰ってきたドラゴン 香港カマキリ拳」(1981年、ABC) - 高山涼子
  • 斬り捨て御免! 第3シリーズ 第16話「狙われた姫 魔界の女呪術師」(1982年、12ch) - 房子姫 役
  • 大岡越前 第6部 第3話「意地っ張り三方一両損」(1982年3月22日、TBS / C.A.L) - おきん 役
  • 源九郎旅日記 葵の暴れん坊 第21話「葉隠れは金魚侍と見つけたり」(1982年9月25日、ANB / 東映) - おりく 役
  • ハウスこども傑作劇場 おかあさんのつうしんぽ(1982年、ANB)
  • 月曜ミステリー劇場→月曜名作劇場(TBS)
    • 税務調査官・窓際太郎の事件簿9(2002年) - 梶田の妻 役
    • 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ34 寝台特急あさかぜ殺人事件(2005年) - 本山冴子 役
    • 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川(2018年) - 旅館の女将 役
  • 京都地検の女 第1シリーズ 第8話「炎の中で殺された母…京都映画界に潜む罠」(2003年、ANB)
  • 水曜ミステリー9 警察署長・たそがれ正治郎「隅田川不連続殺人」(2005年、TX)
  • 輪違屋糸里 〜女たちの新撰組〜 前編 後編(2007年、TBS)
  • Lドラ「サギ師 リリ子」(2009年、TX) - 倉田咲江 役
  • 天才を育てた女房(2018年) ‐ 小山みやの

バラエティ

  • ヤング720(TBS) - 司会
  • 奥さん!2時です(TX) - 司会
  • クイズ!脳ベルSHOW

ほか多数

ラジオ

  • 早瀬久美のあの日をもう一度(2017年10月 - 、八王子エフエム)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/04/18 14:34 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「早瀬久美」の人物情報へ