ニコロ・アンマニーティ : ウィキペディア(Wikipedia)

ニコロ・アンマニーティNiccolò Ammaniti、1966年9月25日 – )は、イタリア人の小説家。

経歴

1966年、イタリアローマ生まれ。

2001年にヴィアレッジョ賞、2007年にストレーガ賞を受賞した。

2001年の作品Io non ho paura(邦題『ぼくは怖くない』)は、2003年にガブリエレ・サルヴァトレス監督により映画化された。また、2010年の作品Io e Te(邦題『孤独な天使たち』)は、2012年にベルナルド・ベルトルッチ監督により映画化され、2013年4月に日本でも公開される。

受賞歴

  • ヴィアレッジョ賞 2001年 Io non ho paura(邦題『ぼくは怖くない』)
  • ストレーガ賞 2007年 Come Dio comanda(『神の思し召しのままに』)

作品一覧

小説

  • 『えら!』(Branchie)(1994年)
  • Ti prendo e ti porto via(Steal You Away)(1999年)
  • 『ぼくは怖くない』(Io non ho paura)(2001年)
  • 『神の思し召しのままに』(Come Dio comanda)(2006年)
  • Che la festa cominci (2009年)
  • 『孤独な天使たち』(Io e te)(2010年)

日本語訳された作品

  • 『ぼくは怖くない』ハヤカワepi文庫、荒瀬ゆみこ訳、早川書房、2002年
  • 『孤独な天使たち』単行本、中山エツコ訳、河出書房新社、2013年

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/02/27 06:41 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ニコロ・アンマニーティ」の人物情報へ