ドロレス・デル・リオ : ウィキペディア(Wikipedia)

ドロレス(ドローレス)・デル・リオ(、本名、1904年8月3日 - 1983年4月11日)は、メキシコ出身の女優である。1920年代のサイレント映画時代から30年代のトーキー初期までハリウッドを拠点に活動し、40年代以降は主にメキシコ映画界で実績を残した。

フィルモグラフィ

  • 天下の大評判 The Whole Town's Talking (1926)
  • 謎の刺青 Pals First (1926)
  • 栄光 What Price Glory? (1926)
  • 復活 Resurrection (1927)
  • カルメン The Loves of Carmen (1927)
  • 愛はひとすじ No Other Woman (1928)
  • アマゾンの紅薔薇 The Gateway of the Moon (1928)
  • 黄金の世界へ The Trail of '98 (1928)
  • ラモナ Ramona (1928)
  • 紅の踊 The Red Dance (1928)
  • 熊馴らしの娘 Revenge (1928)
  • エヴァンジェリン Evangeline (1929)
  • やくざ者 The Bad One (1930)
  • リオの誘惑 Girl of the Rio (1932)
  • 南海の劫火 Bird of Paradise (1932)
  • 空中レヴュー時代 Flying Down to Rio (1933)
  • ワンダー・バー Wonder Bar (1934)
  • カリアンテ In Caliente (1935)
  • 舞台裏の戦慄 Accused (1936)
  • 潜水艦SOS The Devil's Playground (1937)
  • ダコタから来た男 The Man from Dakota (1940)
  • 恐怖への旅 Journey into Fear (1943)
  • 運命の女 Las abandonadas (1945) ※アリエル賞主演女優賞受賞
  • 逃亡者 The Fugitive (1947)
  • サン・ブラスの動乱 大砂塵の女 La cucaracha (1959)
  • 燃える平原児 Flaming Star (1960)
  • シャイアン Cheyenne Autumn (1964)
  • イタリア式奇蹟 C'era una volta (1967)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/16 09:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ドロレス・デル・リオ」の人物情報へ