トム・ウェリング : ウィキペディア(Wikipedia)

トム・ウェリング(、1977年4月26日-)は、アメリカ合衆国の俳優。

来歴

生い立ち

ニューヨーク州パットナム郡、パットナム・バレー市に生まれる。二人の姉と、一人の弟が居る。父親はゼネラルモーターズで働いていた。父親の退職後、一家はジェーンズビルに、そしてミシガン州に移住し、そこで彼は高校に通った。高校では野球とバスケットボールに熱中し、卒業後は建設現場で働いた。

経歴

1998年に、ウェリングが出席していたナンタケットでのパーティーで、カタログカメラスカウトによって見出され、モデルをしてみるように提案された。2000年にはロサンゼルスに移り、そこでトミー・ヒルフィガー、アバクロンビー&フィッチ、カルバン・クラインなどの印刷広告キャンペーンのモデルになった。その一方で、役者としてのキャリアを積み重ねた。ウェリングの最初の主な役はテレビシリーズ『Judging Amy』の空手教師ロブメルツァー(エイミー・ブレネマンが関心を抱く若い男)で、2001年に放送された。ウェリングはUnited Paramount Networkの『スペシャル・ユニット 2』での小さな役も与えられた。そして、彼はフォックス放送の『Undeclared』のデビューエピソードにも出演した。

クラーク・ケントを演ずる俳優の全国的なオーディションの後、彼はテレビシリーズ『ヤング・スーパーマン』でこの役に選ばれた。『ヤング・スーパーマン』はクラークの、スーパーマンになる前の幼少時代を描く。第一回は2001年10月に放送されて、840万人の視聴者を獲得し、The WBで最も高く評価されるデビューになった。

彼は、当初は2回主演を断ろうと考えていたが、脚本を読んだ後に、仕事を引き受ける事に決めたとTVガイドに話した。クリストファー・リーヴの様に、彼はスーパーマンのファンではなかった。そして実際に今でもスーパーマンのコミック本を読まない様にしているという。また、ピープル誌の「2001年の飛躍的なスター」の内の一人と名付けられて、その上2002年、クラーク・ケント役でティーン・チョイス・アワードのChoice Breakout Star (Male)を受賞した。

2003年12月に、1950年の同名映画のリメイク『12人のパパ』で十二人兄弟の長男チャーリー・ベーカーを演じた。この映画ではスティーブ・マーティン、ボニー・ハントヒラリー・ダフと共演した。2005年には『ザ・フォッグ』(ジョンカーペンターの1980年の同名映画のリメイク版)と『12人のパパ2』の2本の映画に出演した。

そして『ヤング・スーパーマン』のシーズン5のエピソードで監督のデビューした。彼は、シーズン6とシーズン8の各1話ずつ、又ドラマの150回目のエピソード『黙示録』などを監督した。彼自身も『ヤング・スーパーマン』の中でクラーク・ケントの時と同様に、ビザロ、ライオネル・ルーサーと若いジョー・エルという多様な役を演じた。シーズン9からは、彼は共同エグゼクティブ・プロデューサーになる予定だという。

2009年7月に、ウェリングはサンディエゴで年に一度行われているコミコン・インターナショナル大会に初めて出席した。8月には、ウェリングは『ヤング・スーパーマン』に対して「優れたテレビ俳優(アクション・アドベンチャー)」として、二度目のティーン・チョイス・アワードを受賞した。

主な出演作品

公開年邦題原題役名備考
2001-2011 ヤング・スーパーマンSmallville クラーク・ケント テレビシリーズ、217エピソード
2003 12人のパパCheaper by the Dozen チャーリー・ベーカー
2005 ザ・フォッグThe Fog ニック・キャッスル
12人のパパ2Cheaper by the Dozen 2 チャーリー・ベーカー
2013 パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間Parkland ロイ・ケラーマン
2014 ドラフト・デイDraft Day ブライアン・ドリュー
2016 きみがくれた物語The Choice ライアン・マッカーシー医師
2017-2018 LUCIFER/ルシファーLucifer マーカス・ピアース警部補

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/26 12:40 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「トム・ウェリング」の人物情報へ