谷口ジロー : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 谷口ジロー > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

谷口ジローのウィキペディア

谷口 ジロー(たにぐち ジロー、男性、1947年8月14日 - 2017年2月11日訃報:谷口ジローさん69歳=漫画家「孤独のグルメ」,毎日新聞,2017年2月11日)は、日本の漫画家。鳥取県鳥取市出身。

来歴

鳥取商業高校を卒業後に京都の繊維会社に就職したが、漫画家を目指して1966年に上京、石川球太のアシスタントとなり漫画の技術を学ぶ。1971年に『嗄れた部屋』(『週刊ヤングコミック』)でデビューする。その後、上村一夫のアシスタントを経て独立した。以後、関川夏央ら漫画原作者と組み、青年向け漫画においてハードボイルドや動物もの、冒険、格闘、文芸、SFと多彩な分野の作品を手がける。

絵はジャン・ジロー(メビウス)やフランソワ・シュイッテンなどのバンド・デシネの作家に強い影響を受けており、インタビューでは「日本で一番影響を受けているんじゃないか」と語っている(ティム・リーマン『マンガマスター』美術出版社、2005年)。1991年の『犬を飼う』では中流家庭の日常を題材にして新境地を開き、これ以降は人と動物、人と人とのつながりをテーマにした日常的なドラマも多く手がけるようになった。

『歩くひと』や『遥かな町へ』などの翻訳版刊行を期に2000年代からヨーロッパでの評価が高まり、フランス語圏を中心に数々の芸術系統の賞を受賞。カルティエの2007 - 2008年の広告を複数の画家とともに担当し、本国フランスのブティックではカルティエに関する漫画の入った小冊子が配布されている。ルイ・ヴィトンが刊行するトラベルブックのヴェニス編(2014年)も担当したVuitton Travel Book Venice by Jirô Taniguchiルイ・ヴィトンYoutube公式チャンネル。

2010年には『遙かな町へ』を原作に、舞台をリヨン近郊としたフランス映画 "Quartier Lointain" が制作・公開された(日本では2013年2月に小学館集英社プロダクション・メディアファクトリーからビデオスルーでDVDソフトが発売された)。これとは別に、2012年公開を目標に原作の舞台となった鳥取県倉吉市をロケ地とする邦画オリジナル版の制作も東映・小学館らの製作委員会方式で計画されていたが、資金不足を理由として2012年夏に事実上断念している。

2012年に『孤独のグルメ』がテレビ東京でドラマ化され、海外でも放映されたほか、中国版も製作された。2014年にはフランス人のNicolas FinetとNicolas Albertによるドキュメンタリー『谷口ジローの足跡 歩く人』が制作され、翌年 第46回アングレーム国際漫画祭で公開されたles pas de Jirô Taniguchi, l’homme qui marche Festival international de la bande dessinée d'Angoulême、25 février 2015。

2017年2月11日、多臓器不全により死去した。69歳没。

2017年11月18日、イラストレーター寺田克也、原正人らをゲストに招き、鳥取市で「ふるさと鳥取で谷口ジローさんを偲ぶ会」が開かれた。

スマートフォン向け配信アプリ「タテアニメ」(現・アニメBeans)で『孤独のグルメ』のアニメを2017年11月29日より配信開始。

闘病中に執筆した遺稿をまとめた単行本2冊『光年の森』『いざなうもの』が、2017年12月8日、小学館から刊行された谷口ジローさんに未発表の遺稿 小学館、12月刊行『日本経済新聞』夕刊2017年10月30日。

作品リスト

連載

  • 無防備都市(原作:関川夏央、1978年、漫画パンチ、芳文社)
  • リンド!3(原作:関川夏央、1978年、漫画ギャング、双葉社)
  • 事件屋稼業(原作:関川夏央、1980年、漫画ギャング、双葉社)
  • 新・事件屋稼業(原作:関川夏央、1982 - 1994年、週刊漫画ゴラク、日本文芸社)
  • ハンティングドッグ(1980 - 1982年、エロトピアデラックス、ワニマガジン社)
  • 青の戦士(原作:狩撫麻礼、1980 - 1981年、ビッグコミックスピリッツ、小学館)
  • LIVE!オデッセイ(原作:狩撫麻礼、1981年、平凡パンチ、平凡社)
  • ナックルウォーズ(原作:狩撫麻礼、1982 - 1983年、プレイコミック、秋田書店)
  • ルードボーイ(原作:狩撫麻礼、1984年、プレイコミック)
  • ブランカ(1984 - 1986年、コミック・ノストラダムス他、祥伝社)
  • ENEMIGO(原作:M.A.T.、1984 - 1985年、プレイコミック、秋田書店)
  • 「坊っちゃん」の時代(原作:関川夏央、1987 - 1996年、漫画アクション、双葉社)
  • K(原作:遠崎史朗、1986年、リイドコミック、リイド社)
  • 地球氷解事紀(1987 - 1988年、月刊アフタヌーン、講談社 / 1988 - 1991年、モーニング、講談社)
  • 原獣事典(1987 - 1990年、モーニング カラフル増刊他)
  • 餓狼伝(原作:夢枕獏、1988年、コミックファイター、朝日ソノラマ / 1989 - 1990年、獅子王、朝日ソノラマ)
  • サムライ・ノングラータ(原作:矢作俊彦、1990 - 1991年、GORO、小学館)
  • 歩く人(1990 - 1991年、モーニング パーティ増刊、講談社)
  • Benkei in N.Y(原作:毛利甚八、1991 - 1995年、ビッグコミックオリジナル増刊、小学館)
  • 風の抄 柳生秘帖(原作:古山寛、1992年、ヤングチャンピオン、秋田書店)
  • 人びとシリーズ「けやきのき」(1993年、ビッグコミック、小学館)
  • 父の暦(1994年、ビッグコミック、小学館)
  • 孤独のグルメ(原作:久住昌之、1994 - 1996年、PANjA、扶桑社 / 2008年 - 、SPA!、扶桑社)
  • 神の犬 ブランカII(1995 - 1996年、ビッグコミック)
  • イカル(原作:メビウス(ジャン・ジロー)、1997年、モーニング。第一部のみで未完)
  • (1998年、ビッグコミック、小学館) - 働き盛りの主人公が郷里である倉吉市の墓前で1963年・中学2年生の頃へ外見とともに逆戻り(タイムトリップ)する作品。
  • 捜索者(1999年、ビッグコミック、小学館)
  • 欅の木(原作:内海隆一郎、1999年、ビッグコミック、小学館)
  • 神々の山嶺(原作:夢枕獏、2000 - 2003年、ビジネスジャンプ、集英社)
  • 天の鷹(2001 - 2002年、漫画アクション、双葉社)
  • 散歩もの(原作:久住昌之、2003 - 2005年、通販生活、カタログハウス)
  • 晴れゆく空(2004年、週刊ヤングジャンプ、集英社)
  • シートン(監修:今泉吉晴、2004 - 2006年、漫画アクション / 2006年 - 、双葉社Webマガジン、双葉社)
  • 冬の動物園(2005 - 2007年、ビッグコミックオリジナル増刊・ビッグコミック1、小学館)- 谷口自身をモチーフに京都での就職から漫画家への転身を綴った作品。
  • センセイの鞄(原作:川上弘美、2008 - 2010年、漫画アクション、双葉社)
  • 名づけえぬもの(2010年、漫画BOX AMASIA、講談社)
  • ふらり。(2011年、モーニング、講談社)
  • 猟犬探偵(原作:稲見一良、2011年 - 2012年、ビジネスジャンプ→グランドジャンプPREMIUM、集英社)
  • 千年の翼 百年の夢(2014年、ビッグコミックオリジナル、小学館) - ルーヴル美術館を訪れた日本人の作家は、「守り人」を自称する謎の女性に誘われて、美術館に関わる19世紀の画家たちや明治の日本人、ナチス侵攻の迫るパリから美術品を運び出した人々など、歴史上の人物たちのいる不思議な時空に迷い込む。単行本の他、オールカラーの豪華版も発行されている。

作品集

  • 大いなる野生(1980年、オハヨー出版)
  • 西風は白い(1984年、双葉社)
  • 新・大いなる野生(1985年、祥伝社)
  • 海景酒店 HOTEL HARBOUR-VIEW(1986年、双葉社)
  • 犬を飼う(1992年、小学館)
  • 森へ(1994年、河出書房新社)
  • 東京幻視行(1999年、講談社)
  • 凍土の旅人(2004年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 犬を飼うと12の短編(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 ブランカ(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 神の犬(2009年、小学館)
  • 歩くひとPLUS(2010年、光文社)
  • 荒野よりFROM WILDERNESS(2012年、光文社)
  • 谷口ジロー画集 jiro taniguchi(2016年、小学館)

その他の作品

  • 尾崎放哉生誕130周年記念作品展ポスター(2015年、鳥取市) - 尾崎放哉の肖像画を担当。
  • 中川酒造株式会社、日本酒「いなば鶴 放哉」のラベル - 尾崎放哉の肖像画を担当。中川酒造は『父の暦』に登場する「大石酒蔵」のモデルであり縁がある。

受賞歴

  • 1992年 - 第37回小学館漫画賞審査員特別賞(『犬を飼う』)
  • 1993年 - 第12回日本漫画家協会賞優秀賞(『「坊っちゃん」の時代』)
  • 1998年 - 第2回手塚治虫文化賞マンガ大賞(『「坊っちゃん」の時代』シリーズ)
  • 1999年 - 第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『遥かな町へ』)
  • 2001年
    • 第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『神々の山嶺』)
    • 第28回アングレーム国際漫画祭 全仏キリスト教会コミック審査員会賞(『父の暦』)
  • 2002年
    • 第20回 バルセロナ国際コミック展 読者が選ぶ最優秀漫画賞(『父の暦』)
    • 第26回 アストゥリアス公領漫画国際展 Haxtur長編漫画大賞(『父の暦』)
  • 2003年
    • 第30回アングレーム国際漫画祭 最優秀脚本賞/優秀書店賞(『遥かな町へ』)
    • ベスト・ロングストーリー賞(『遥かな町へ』)
    • ロミックス・フェスティバル Best Book of Japanese school (『遥かな町へ』)
  • 2004年
    • 第6回ナポリCOMICONフェスティバル アッティリオ・ミケルッツィ外国部門賞(『「坊っちゃん」の時代』)
    • 9e Artプロモーション 2003Bedelys賞・金賞 他(『遥かな町へ』)
    • 映画と文化国際フォーラム 映画化最適コミック賞 (『遥かな町へ』)
    • 第22回バルセロナ国際コミック展 最優秀外国作品賞 (『遥かな町へ』)
  • 2005年 - 第32回アングレーム国際漫画祭 最優秀美術賞(『神々の山嶺』)
  • 2008年
    • 第13回ドイツ国際漫画祭 最優秀作漫画作品賞/年間ベストコミック賞(『遥かな町へ』)
    • ロミックス・フェスティバル グランプリ (『晴れゆく空』)
  • 2010年
    • 富川(プチョン)国際漫画フェスティバル 海外作家賞
    • ルッカ・コミック&ゲームス マエストロ・デル・フメット(漫画の巨匠)賞
  • 2011年 - フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章受章在日フランス大使館
  • 2013年 - 第38回 鳥取市文化賞 特別功績賞

関連項目

  • アフタヌーン四季賞 - 1994年から2012年まで毎年夏のコンテストの審査員長を務めた。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/02/19 01:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 谷口ジロー
  • 谷口ジローの作品
  • 谷口ジローの受賞歴
  • 谷口ジローの写真・画像
  • 谷口ジローの動画
  • 谷口ジローの関連記事
  • 谷口ジローのDVD
  • 谷口ジローのWikipedia
  • 谷口ジローの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報