谷川賢作 : ウィキペディア(Wikipedia)

谷川 賢作(たにかわ けんさく、1960年 - )は、東京都出身の作曲家・ピアニストである。

人物

  • 祖父は哲学者で法政大学総長の谷川徹三、父は詩人の谷川俊太郎、母は元新劇女優の大久保知子。娘はスタイリストの谷川夢佳。
  • 玉川学園高等部卒業後、作曲家佐藤允彦に師事し、1986年に映画『鹿鳴館』で作曲家デビューした。
  • 1996年に父、谷川俊太郎の現代詩を歌うグループ「Diva」を結成。父とともに全国各地で音楽と朗読のコンサートを行っている。
  • ピアノソロの活動(ピアノソロシリーズ)。
  • ジャズをベースにポップス、童謡・ラテンまでジャンルにとらわれず、古今東西の曲を演奏するバンドパリャーソ。パリャーソとはポルトガル語でピエロ、道化師の意味。2001年12月の結成以来、全国各地でのライブ、コンサートはすでに200本以上を数える。続木力(ハーモニカ)、谷川賢作(ピアノ)。
  • 1986年の「鹿鳴館」以降、「かあちゃん」を除くすべての市川崑監督映画の音楽を手がけた。

作品

映画

  • 「鹿鳴館」(山本直純と連名、1986年、市川崑監督)
  • 「映画女優」(1987年、市川崑監督)
  • 「竹取物語」(1988年、市川崑監督)
  • 「つる -鶴-」(1988年、市川崑監督)
  • 「天河伝説殺人事件」(宮下富実夫と連名、1991年、市川崑監督)
  • 「帰って来た木枯らし紋次郎」(1993年、市川崑監督)
  • 「四十七人の刺客」(1994年、市川崑監督)
  • 「八つ墓村」(1996年、市川崑監督)
  • 「シャ乱Qの演歌の花道」(シャ乱Qと連名、1997年、滝田洋二郎監督)
  • 「どら平太」(2000年、市川崑監督)
  • 「新選組」(2000年、市川崑監督)
  • 「犬神家の一族」(2006年、市川崑監督)

テレビドラマ

  • 「その木戸を通って」(1993年、フジテレビ、市川崑監督)
  • 「娘の結婚」(2003年、WOWOW、市川崑監督)

その他

  • 「GO TO THE SPACE WORLD」(1990年、スペースワールドテーマソング)
  • 「その時歴史が動いた」テーマ音楽(2000年3月29日 - 2009年3月18日、NHK大阪放送局)

受賞

  • 日本アカデミー賞優秀音楽賞(1988年、1995年、1997年)
  • 第40回アジア太平洋映画祭最優秀音楽賞(1995年)
  • おおさかシネマフェスティバル2013(2013年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/02/03 23:21 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「谷川賢作」の人物情報へ