ジョン・ローレンス : ウィキペディア(Wikipedia)

ジョン·ローレンス(John Lawrence、1618年 – 1699年)は、イギリス植民地時代のアメリカの政治家。

人生

1635年にプリマスに到着し、後にイプスウィッチ、さらにロングアイランドへ移住した。1644年、オランダ植民地総督の認可の元、ヘムステッドの特許権者の一人であった。1645年に、キーフトはの特許をローレンスとその他16名に与え、イギリス植民地総督リチャード・ニコルズも1666年に認可した。

1658年、ニューアムステルダムに移住した。1663年、知事ピーター・ストイフェサントによってハートフォードのでニューイングランドとニューネーデルラント間の境界を決定する交渉をするCommissionerに任命された。

1665年にニューヨークができた時、最初の市会議員の一人となった。1672年から1691年と1691年にニューヨーク市長を務めた。1692年から死ぬまでニューヨーク州最高裁判所の判事を務めた。

スザンナと結婚し、6人の子供がいた。息子ジョン·ローレンスはトーマス・ウィレット市長の未亡人サラ・ウィレットと結婚した。娘スザンナは最初市長、次に市会議員のウィリアム・スミスと結婚した。娘メアリーはウィリアム・ホイッティングヘイムと結婚した。メアリーの娘メアリー・ホイッティングヘイム(1728年生)は知事と結婚した。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/03/16 11:01 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジョン・ローレンス」の人物情報へ