ジュゼッペ・ピッチョーニ : ウィキペディア(Wikipedia)

ジュゼッペ・ピッチョーニGiuseppe Piccioni, 1953年7月2日 - )は、イタリアの映画監督、脚本家である。1987年以来監督活動を続けており、2004年の『』はで上映された。

主なフィルモグラフィ

  • 青春の形見 Il grande Blek (1987) 監督・脚本
  • Chiedi la luna (1991) 監督・脚本
  • Condannato a nozze (1993) 監督・脚本
  • Cuori al verde (1996) 監督・脚本
  • もうひとつの世界 Fuori dal mondo (1999) 監督・脚本・原案
  • ぼくの瞳の光 Luce dei miei occhi (2001) 監督・脚本・原案
  • 映画のようには愛せない La vita che vorrei (2004) 監督・脚本
  • ジュリアは夕べに出かけない Giulia non esce la sera (2009) 監督・脚本
  • ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜 Il rosso e il blu (2012) 監督・脚本
  • Questi giorni (2016) 監督・脚本

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/04/26 11:02 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジュゼッペ・ピッチョーニ」の人物情報へ