ジャック・ワイルド : ウィキペディア(Wikipedia)

ジャック・ワイルド(Jack Wild、1952年9月30日 - 2006年3月1日)は、イギリスの俳優。イングランド、ランカシャー(現・グレーター・マンチェスター)のロイトン (Royton) 出身。

略歴

幼少期、歌手フィル・コリンズと同じサッカーチームに所属しており、彼の母親で芸能プロダクションで働いていたジューン・コリンズによって発掘される。映画『オリバー!』(1968年)でスリの少年ドジャー役を演じ、16歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネートされたほか、『ロビン・フッド』(1991年)などにも出演した。映画『小さな恋のメロディ』(1970年)のマーク・レスター(ダニー)、トレイシー・ハイド(メロディ)と絡む悪友・オーンショー役としても知られる。1970年代半ばからはテレビに活動が移った。

アメリカ合衆国ではシリーズ『怪獣島の大冒険』"Pufnstuf "のジミー役で有名。同時期に俳優として活動していた兄のアーサー・ワイルドとテレビで共演したこともある。歌手としてもアルバム3枚を発表している。

身長が164cmで童顔だったため、いくつになっても子役のイメージが抜けず、役選びが難しくなり、出演作が激減した。そのせいか、アルコール依存症となった。

2001年にがんと診断され、2004年に声帯と舌の一部を切除する手術を受けた。術後も声を失いながらパントマイムで舞台に出演していたが、2006年3月1日、口腔癌のため死去した。。

主な出演作品

  • Danny the Dragon! (1967年)
  • オリバー! - Oliver! (1968年)
  • 怪獣島の大冒険 - H.R. Pufnstuf (1969年 - 1970年)テレビシリーズ
  • - Pufnstuf (1970年)
  • 小さな恋のメロディ - Melody (1971年)
  • - Flight of the Doves (1971年)
  • ハメルンの笛吹き - The Pied Piper (1972年)
  • 別れのクリスマス - The 14 (1973年)
  • Keep It Up Downstairs (1976年)
  • The Government Inspector (1976年)テレビシリーズ
  • Ourr Mutual Friend (1976年)テレビシリーズ
  • Everyday Maths (1978年 - 1979年)テレビシリーズ
  • The Ravelled Thread (1979年 - 1980年)テレビシリーズ
  • アリス - Alicja (1982年)
  • ロビン・フッド - Robin Hood: Prince of Thieves (1991年)
  • バジル - Basil (1998年)
  • Moussaka & Chips (2005年)

ディスコグラフィ

  • オリバー!(1968年)サウンドトラック
  • 怪獣島の大冒険 - Pufnstuf (1970年)サウンドトラック
  • Jack Wild Album (1970年)
  • Everything's Coming up Roses (1971年)
  • Beautiful World (1972年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/06/14 05:20 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジャック・ワイルド」の人物情報へ