佐藤有記 : ウィキペディア(Wikipedia)

佐藤 有記(さとう ゆうき、1977年1月13日- )は、日本の脚本家である。

経歴

1977年1月13日、神奈川県に生まれる。映画美学校第3期フィクション・コース高等科修了。

2004年、『ユダ』で脚本家デビュー。2010年、『ヘヴンズ ストーリー』の脚本で第65回毎日映画コンクール脚本賞を受賞する映画美学校ニュース。同作は、第61回ベルリン映画祭で国際批評家連盟賞、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞した映画美学校ニュース

フィルモグラフィー

脚本

  • 映画番長シリーズ 第2弾エロス番長「ユダ」(2004、ユーロスペース、監督・共同脚本:瀬々敬久
  • 肌の隙間(2005、アルゴピクチャーズ、監督:瀬々敬久)
  • 孕み〜白い恐怖(2005、ステップ・バイ・ステップ、監督:田尻裕司
  • コンナオトナノオンナノコ(2007、アムモ、監督・共同脚本:冨永昌敬
  • 桃まつり presents 真夜中の宴「emerger」(2007、桃まつり) - 兼監督桃まつり presents 真夜中の宴 作品一覧 emerger
  • 泪壺(2008、アートポート、監督: 瀬々敬久)
  • トルソ(2010、トランスフォーマー、監督・共同脚本:山崎裕)  
  • ヘヴンズ ストーリー(2010、ムヴィオラ、監督:瀬々敬久)
  • 愛するとき、愛されるとき(2010、アルゴ・ピクチャーズ、監督・共同脚本:瀬々敬久)
  • 君へのメロディー(2010、ビデオプランニング、監督:横井健司)  

その他

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/01/01 08:07 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「佐藤有記」の人物情報へ