黒木香 : ウィキペディア(Wikipedia)

黒木 香(くろき かおる、1965年1月21日『CREA』1994年6月号のインタビュー記事(井田真木子著「旬の自画像」「フォーカスな人たち」に再録)には、実際は1961年6月2日生まれであることを読み取れる記述がある。 - )は、日本の元AV女優。その個性からテレビ番組に多数出演した。ジェンダーについて研究している村瀬ひろみは論文で彼女について男女ともに人気があったことと、女性に関してはフェミニストで研究者の上野千鶴子は古典近代的と指摘された彼女に対する女性人気について、性的自己形成の根底で価値観を変えられない女性から共感を呼ぶ存在だったことを推測している。

経歴

1980年代後半に活動した。

鹿児島県鹿屋市出身で、女子学院中学校・高等学校卒業後に横浜国立大学へ入学して教育学部美術学科でイタリア美術を専攻する。在籍中の1986年にイタリア留学の費用を工面するため、自らアダルトビデオ (AV) に出演。デビュー作『SMぽいの好き』(クリスタル映像)が異例の大ヒットを記録し、一般にもその名を知られる。

当時は女子大学生のAV出演は世間で知られておらず、特に大学名を公開した現役の国立大学の学生の出演は異例であった。ゴールデンタイムのテレビ番組にも多数出演した。「良家の令嬢」でありながら卑猥な言葉を連呼し、16歳以降剃毛していないと自ら語るわき毛を大胆に露出して人気となった。討論番組のテレビ朝日『朝まで生テレビ』にもパネリストとして出演したこともある。

一人称は「わたくし」で、「私思いますに……でございます」と丁寧な言葉遣いや話し方であったが、内容は言葉の端々に性交に関することを織り交ぜた。

一躍有名になり多忙が続くなどして通学が困難になり長期欠席状態が続き、横浜国立大学を除籍「週刊新潮」1990年8月16・23日号で本人が明かしている。となる。

村西とおるとは恋愛関係にあった。村西が実質的な経営者だったダイヤモンド映像の系列会社・ビックマンの取締役にもなり、村西が渋谷に出店した高級焼肉店「香貴苑」のママにもなったが本橋信宏「村西とおるを奪い合ったAV女優たち」『新潮45』2006年6月号、村西と別れたあと引退。

1994年、宿泊していたホテルの2階ベランダから転落した。酒に酔っての事故だったが、週刊誌には自殺未遂だと書き立てられた。

2004年4月、引退後の雑誌での消息記事や出演アダルトビデオ作品の再版がプライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとして、出版社の講談社・光文社・小学館・徳間書店・双葉社、およびDVD販売会社のオブテイン・フューチャー社に対して損害賠償などを求める民事訴訟を起こした。このうち徳間書店(一審判決時点の社名は「芝ホールディングス」、『アサヒ芸能』の発行元)に対しては2006年5月に一審で勝訴したことが報じられている。また小学館(『女性セブン』および『週刊ポスト』の発行元)に対しては2007年4月に一審で勝訴、2007年11月に二審でも勝訴し、損害賠償額の増額を求める黒木側の上告が2008年1月に棄却されて二審判決が確定したことが報じられている。

作品

アダルトビデオ

  • SMぽいの好き (1986年10月2日、クリスタル映像)
  • 愛虐の宴 (1986年11月13日、クリスタル映像)
  • SM隷奴 (1986年12月15日、スタジオ418) - 「黒木薫」として出演

主演作品は上記3作のみ。他助演、部分出演作品多数

出演

テレビドラマ

  • 必殺スペシャル・新春 決定版!大奥、春日野局の秘密 主水、露天風呂で初仕事(ABCテレビ) - おえい役
  • 必殺スペシャル・春一番 仕事人、京都へ行く 闇討人の謎の首領!(ABCテレビ) - お香役
  • ドラマ23「ピンク色のメイドさん」(1989年、TBS)

映画

  • TOKYO-POP(1988年)

バラエティ

  • 新春かくし芸大会(フジテレビ)
  • オールナイトフジ(フジテレビ)
  • おとなのえほん(サンテレビ)
  • 鶴瓶上岡パペポTV(よみうりテレビ、1987年6月2日放送)
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ)

声優

  • 金曜ロードショー/エーゲ海に捧ぐ(1988年7月8日、日本テレビ) - チチョリーナ役

著書

単著

  • 『フルーツ白書』(1987年8月、ワニブックス)ISBN 978-4847010477
  • 『自堕落にもほどがある』(1987年10月、ネスコ)ISBN 978-4890367207
  • 『女と男の間には―黒木香対談集』(1987年12月、飛鳥新社)ISBN 978-4870310421
  • 『爆笑対談集 パブロフの犬のよだれ―欲望の条件反射』(1988年1月、ライトプレス出版社)ISBN 978-4947633026

共著

  • 伊藤比呂美『性の構造』(1987年6月、作品社)ISBN 978-4878931338

ミニアルバム

  • 小娘日和(1987年12月16日、テイチク)

黒木香を演じた人物

関連項目

  • バブル景気
  • VHSベータ戦争

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/12/06 03:24 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「黒木香」の人物情報へ