井口理 : ウィキペディア(Wikipedia)

井口理(いぐち さとる、1993年10月5日 - )は、日本の歌手、キーボーディスト、俳優。ロックバンドKing Gnuのボーカル、キーボード担当。長野県伊那市出身。身長は約180cm。

来歴

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。

2015年、バンド「Srv.Vinci」(サーヴァ・ヴィンチ)が現在の4人体勢となり、2017年にバンド名を「King Gnu」と改名。その後、2019年にアルバム「Sympa」でメジャーデビュー。

2019年4月から約1年間『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の木曜日パーソナリティーを担当。その他にNHKのドキュメント番組のナレーション、映画『劇場』に出演するなど、俳優、ナレーターとしても活動している。

人物

  • バンド内ではムードメーカー的な存在。
  • 三男一女の4人きょうだいの末っ子で、次兄は声楽家(バリトン)の井口達。理本人はテノールである。
  • 最も好きなミュージシャンは七尾旅人。他には親の影響から井上陽水、チューリップ、オフコース、布施明尾崎紀世彦、ポルノグラフィティ、aikoなどを聞いていた要注目バンド・King Gnuの『Tokyo Rendez-Vous』。高度なサウンドメイクで独自のミクスチャーセンスを発揮する彼らのキャラクターに迫る(2020年1月29日閲覧。)。特にポルノグラフィティは自身のレギュラーラジオで勝手に20周年記念企画として、自身がカラオケで歌うだけの企画を行ったほどである。この企画の反響を受け2020年3月13日に2度目のカラオケ企画が行われた際には、サプライズとしてポルノグラフィティのボーカルである岡野昭仁が乱入し、二人で「ミュージック・アワー」、「アゲハ蝶」を歌唱した。
  • バンドメンバーの常田大希とは小学校、中学校の幼馴染という仲である。中学時代合唱部に所属し、常田と共にNHK全国学校音楽コンクールの全国大会に出場。特別仲が良かったというわけでもなかったが、常田がすでに中退していた東京藝術大学の学園祭にバンド演奏のため訪れたところ、出店の客引きで歌っていた井口と奇跡的に再会する。それがきっかけで常田から「曲をレコーディングするからコーラスをやってくれない?」と誘われ、Srv.Vinciのメンバーとなる。
  • 大学には入学したものの、クラシックや声楽に向いてないと考え、高校時代はバンド経験もあったことから、何か人前に出られればいいと模索。劇団に足を運んだり、ミュージカルや演劇に役者として出演したりしていたKing Gnu 鬼才集団が提示する新たな歌モノのスタイル(2020年1月29日閲覧。)。
  • 居酒屋やかっぱ寿司でのアルバイト経験があり、元日にサラリーマンのスーツにウニをこぼして怒られたというエピソードがある。酢飯の匂いがダメになり辞めた。

出演

映画

  • ヴィニルと烏(2019年11月08日)
  • 劇場(2020年7月17日) - 小峰 役
  • 佐々木、イン、マイマイン(2020年11月27日) - 吉村 役

ドラマ

  • ゆれるせいかつ #1#2(2020年1月、LINE)
  • MIU404 第7話(2020年8月7日、TBSテレビ) - 飛田 役
  • #家族募集します 第2話、第6話(2021年7月16日、9月3日、TBS) - ナオト役
  • GOSSIP BOX(2021年9月、YouTube) - 主演・薬師寺透役

Web

  • 野村不動産「プラウド」ブランドムービー『僕は、父が苦手だった。』(2020年10月15日) - 主演・高橋正樹 役

ナレーション

  • ひとモノガタリ「ダウンタウンになれなかった男」(2019年7月15日、NHK総合)
  • 報道ステーション (2020年1月16日、テレビ朝日)
  • 目撃!にっぽん「待ちわびた帰り~震災9年 身元不明者を捜して~」(2020年3月22日、NHK総合)
  • 「イマジンは生きている ジョンとヨーコからのメッセージ」(2020年11月21日、NHK BSプレミアム)
    • 59分再編集版(2020年12月24日、NHK総合)
  • 10年たった今だから(2021年3月7日、NHK総合)
  • BS1スペシャル「“自由の声”が消えゆく世界で -アラブの春から10年 夢の先に-」(2021年4月11日、NHK BS1)

ラジオ

  • King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)(2019年1月4日、2019年4月5日 - 2020年3月27日、ニッポン放送)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/09/01 20:14 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「井口理」の人物情報へ