チョーヒカル : ウィキペディア(Wikipedia)

チョーヒカル趙・燁(ちょう・ひかる、1993年3月29日 - )は、日本のアーティスト、クリエーター。東京都出身。

人物

両親が日本在住の中国人で、日本生まれで日本育ちの在日中国人。国籍は、中華人民共和国。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。UNUSUAL(非日常)ARTをテーマに掲げ、ボディペイントや衣服のデザイン、イラスト、立体、映像作品などを制作。衣服ブランドやタイツブランドとのコラボレーション、ポスター、スマートフォン向けアプリのイラストやキャラクターグッズのデザインも行っている。国籍は中国 スウェーデン大使館で開催された「Artfully Connected」展に参加した際に寄稿したもの。だが、中国語は話せない ※あくまで母語が日本語という意味で、中国語や英語も多少は話せる。。

体にリアルな目や物を描くボディペイントが国際的に注目を浴び、国内外の多数のメディアで取り上げられた。

ボディペイントを始めたきっかけは、そのとき家に紙がなく、試しに自分の手に書いたところ周りの評判が良かったから。美大入学後に描いたものをTwitterで公開し注目された。

主な制作

  • MAKE UP』2013年(日本カワイイ博)
    • カワイイ動画 グランプリ受賞
  • be free』2014年(アムネスティ・インターナショナル)
  • Super fast charging』2015年(サムスン電子)
    • Samsung Galaxy S6のプロモーションビジュアル
  • 『スーパーリアリズム』2015年(ウソツキ)
    • アルバムのアートワーク全般を担当
    • アルバム収録の「旗揚げ運動」ミュージックビデオのディレクション
ジャケットの「第3の眼」のボディペイントを担当公式Twitter(648751799503945728)

著書

  • 『SUPER FLASH GIRLS 超閃光ガールズ』雷鳥社 2015年 ISBN 978-4-8441-3684-2

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/08/25 00:25 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「チョーヒカル」の人物情報へ