ダニエラ・ベガ : ウィキペディア(Wikipedia)

ダニエラ・ベガ・エルナンデス(、1989年6月3日 - )は、チリの女優でメゾソプラノ歌手。第90回アカデミー賞で外国語映画賞を獲得した映画『ナチュラルウーマン』(2017年)での演技が絶賛を受け、世界的注目のきっかけとなった。また第90回アカデミー賞ではプレゼンターも務め、オスカーの歴史において初めてプレゼンターを務めたトランスジェンダーの人物となった。2018年には、タイム誌において「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

日本では名字を英語風に読んだ「ダニエラ・ヴェガ」表記も見られるが、本記事ではチリの公用語であるスペイン語の発音に近い「ベガ」表記に統一する。

幼少期

ベガは1989年6月3日に、チリのサンティアゴ県で、父イゴール・アレハンドロ・ベガ・イノストロサ (Igor Alejandro Vega Inostroza) と母サンドラ・デル・カルメン・エルナンデス・デ・ラ・クアドラ (Sandra del Carmen Hernandez de la Cuadra) の長子として生まれた。ベガは8歳の時から、祖母に習ってオペラを学び始めた。成長したベガは男子校に通ったが、そこではいじめを受けた。10代後半までこの男子校に通ったが、自身がトランスジェンダーであることを自覚し、性転換を始めた。両親と弟のニコラス (Nicholas) は、当時のチリが保守的な環境であったにもかかわらず、ベガの性転換を支援した。性転換を済ませた後、彼女はトランスジェンダー女性としての機会の無さから鬱状態に苦しんだが、両親から支援を受け、また父の勧めで美容学校、その後演劇学校に通った。

キャリア

2011年 – 2017年:初期の仕事

ベガは脚本家・監督を務めるひとりの人物から、自身の経験を基にして、性転換に関する短い舞台作品を共同製作しないかと持ちかけられた。彼女も協力したこの作品は、2011年にマルティン・デ・ラ・パラ (Martin de la Parra's 2011) により "La mujer Mariposa"(The Butterfly Woman、蝶女)とのタイトルで戯曲化され、ベガ自身をスターに押し上げた。この作品では、ベガの歌も披露され、サンティアゴで8年間上演された。この間、彼女は移民を題材にした小片 "Migrante"(「移民」の意)など、いくつかの作品に参加している。ベガが広く知られるようになったのは、2014年にの人気曲『マリア』(原題、"Maria")のミュージック・ビデオに出演したことがきっかけである。この曲とミュージック・ビデオは、同性愛者の自殺予防機構とのコラボレーションで作られたもので、10代の同性愛者の自殺予防に関する啓発目的で製作された。銀幕デビューとなったのは、2014年のドラマ映画『』(原題)で、父の通夜に参列するトランスジェンダー女性を演じた。

2017年:『ナチュラルウーマン』でのブレイクスルー

第67回ベルリン国際映画祭でお披露目された、セバスティアン・レリオ監督の『ナチュラルウーマン』(2017年)では、ベガの演技が多くの批評家に絶賛された。この作品では、ベガ演じるマリーナと、年上で将来も思い描く男性オルランド(演:)との物語が描かれる。オルランドが病で急死した後、マリーナは彼の家族や社会の冷たい目に直面し、自らが題名通りの「魅力的な女性」であることを示すため戦いを始める。『バラエティ』誌の批評家ガイ・ロッジは、ベガの演技について「ベガの力強く、表情豊かで、かすかに苦しみを匂わせる演技は、政治的な賞賛をも大きく越えた評価に値する。幾重にも重ねられた、感情的に多型な演技での妙技であり、これは正確な感受性を持った監督が育んだものだ。監督は、マリーナが行きたくないような場所へ押し込むこと無く、彼女の状況を全く率直に表現させた」と述べた。また、アカデミー賞候補作発表前には、彼女の名前が主演女優賞候補として強く推されるほどだった。前哨戦となるパームスプリングス国際映画祭では、外国語映画部門主演女優賞を獲得した。ベガは2018年の第90回アカデミー賞でプレゼンターを務め、オスカー史上初めてプレゼンターを務めたトランスジェンダーとなった。また同じ年には、タイム誌において「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

フィルモグラフィ

作品名 役名 監督備考出典
(原題)La visita 2014年 エレナElena マウリシオ・ロペス・フェルナンデスMaurício López Fernández 英題:The Guest
ナチュラルウーマンUna mujer fantástica 2017年 マリーナ・ビダルMarina Vidal セバスティアン・レリオSebastián Lelio 英題:A Fantastic Woman

受賞とノミネート

映画賞 対象 部門 結果 出典
2015年 17èmes Rencontres du Cinéma sud-américain (原題)La Visita 最優秀女優賞Best Actress
2017年 Film Festival Lima PUCP ナチュラルウーマンUna mujer fantástica 最優秀女優賞Best Actress
Premio iberoamericano de cine Fénix 最優秀女優賞Best Actress
Havana Film Festival 最優秀女優賞Best Actress
2018年 パームスプリングス国際映画祭Palm Springs Film Festival 外国語映画 最優秀女優賞Best Actress in a Foreign Language Film
Dorian Awards 今年一番の女優賞Best Performance of the Year – Actress
本人 ライジング・スター賞Rising Star Award
International Cinephile Society Awards ナチュラルウーマンUna mujer fantástica 最優秀女優賞Best Actress
Caleuche Awards 最優秀主演女優賞Best Leading Actress
Platino Awards Best Actress

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/01/23 00:50 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ダニエラ・ベガ」の人物情報へ