コルム・トビーン : ウィキペディア(Wikipedia)

コルム・トビーンColm Tóibín, 1955年5月30日 - )は、アイルランドの作家、ジャーナリスト。

来歴

1955年、アイルランド南西部ウェックスフォード県に生まれる。祖父はアイルランド独立運動の活動家。熱心なカトリック信徒として少年時代を過ごした。

ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで歴史と英文学を学び、バルセロナへ渡って英語学校で教える。アルゼンチンなどで暮らしながら、ジャーナリストとしても活動する。

1990年代から小説を発表。小説家ヘンリー・ジェイムズの晩年を描いた『The Master』で国際IMPACダブリン文学賞やロサンゼルス・タイムズ・ノベル・オブ・ザ・イヤーなどを受賞する。同性愛者であることを公にしている。

2017年のフォルカー・シュレンドルフ監督の映画『男と女、モントーク岬で』では、スイスの作家マックス・フリッシュの1975年の小説『』をベースにした脚本をシュレンドルフ監督とともに執筆している。

2017年11月現在はコロンビア大学で教鞭を執っている。

作品

  • 『The South』(1990年)
  • 『The Heather Blazing』(1992年)『ヒース燃ゆ』
  • 『The Story of the Night』(1996年)
  • 『The Blackwater Lightship』(1999年)
  • 『The Master』(2004年)
  • 『Mothers and Sons』(2006年)
  • 『Brooklyn』(2009年)『ブルックリン』
  • 『The Empty Family』(2010年)
  • 『The Testament of Mary』(2012年)『マリアが語り遺したこと』
  • 『Nora Webster』(2014年)

日本語訳

  • 『ヒース燃ゆ』 伊藤範子訳、松籟社、1995年
  • 『ブルックリン』 栩木伸明訳、白水社、2012年
  • 『マリアが語り遺したこと』 栩木伸明訳、新潮社「新潮クレスト・ブックス」、2014年
  • 『ブラックウォーター灯台船』 伊藤範子訳、松籟社、2017年
  • 『ノーラ・ウェブスター』 栩木伸明訳、新潮社「新潮クレスト・ブックス」、2017年

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/28 11:50 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「コルム・トビーン」の人物情報へ