石黒浩 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 石黒浩 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

石黒浩のウィキペディア

石黒 浩(いしぐろ ひろし、1963年10月23日 - )は、日本のロボット研究者。大阪大学教授。ATR石黒浩特別研究所所長。専門は知能情報学。工学博士(大阪大学)(1991年。滋賀県出身。二足歩行ロボット、外見や動きが人間そっくりのアンドロイド等を研究している。石黒の参加する産学協同の「チーム大阪(Team OSAKA)」はロボカップ世界大会のサッカー競技ヒューマノイドクラスで2004年から2007年の4連覇を達成。

略歴

  • 1986年3月:山梨大学工学部計算機科学科卒業
  • 1991年3月:大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士課程修了
  • 1992年3月:大阪大学基礎工学部システム工学科助手
  • 1994年10月:京都大学大学院工学研究科情報工学専攻助教授
  • 1998年3月:カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員(1999年3月まで)
  • 1998年4月:京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻助教授
  • 2000年4月:和歌山大学システム工学部情報通信システム学科助教授
  • 2001年4月:和歌山大学システム工学部情報通信システム学科教授
  • 2002年10月:ATR(国際電気通信基礎技術研究所)知能ロボティクス研究所第2研究室客員室長
  • 2003年4月:大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻教授(知能創成工学講座)
  • 2009年6月:大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授
  • 2010年:ATRフェロー
  • 2013年7月:大阪大学特別教授

学外における役職

  • ATR(国際電気通信基礎技術研究所)社会メディア総合研究所 石黒浩特別研究所 所長
  • Vstone(ヴィストン)(株)特別顧問
  • 次世代ロボット開発ネットワークRooBOのアドバイザー
  • 2015年、第2回星新一賞最終選考委員。

受賞歴

  • 2005年:ギネス世界記録(「ジェミノイド」(遠隔操作型アンドロイド)と「リプリーQ2」(成人女性型アンドロイド)が初の実物そっくりなアンドロイドとして記載読売人物データベースより。
  • 2007年7月:CNNの「世界を変える8人の天才」に選出されるGeniuses who will change your life - CNN.com
  • 2007年10月:英国のコンサルタント会社が選んだ「生きている天才100人」で日本人最高の26位に選出。
  • 2010年1月:ATRフェローATRフェロー - 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所。
  • 2011年:大阪文化賞受賞。
  • 2015年:文部科学大臣表彰、及びシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム知識賞受賞。

活動

Team Osaka

石黒の率いる知能ロボット学研究室は京都大学のロボ・ガレージ、システクアカザワ社、ヴイストン社(Vstone)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共に組んだ産学官合同ドリームチーム「Team OSAKA」に参加しており、同チームのロボットVisiON(ヴィジオン)は、2004年にポルトガル・リスボンで開かれた「ロボカップ2004世界大会」自律型ロボットによるサッカー競技のヒューマノイド・リーグでクラス優勝を収めた。このロボットは自律歩行型で、自分で「考えて」(実際にはプログラムに従って)行動し、人の指示を必要としない。二足歩行し、転んでもひとりで起き上がる。

その他

  • 2010年の映画『サロゲート』の冒頭で映っているシーンがある。また、映画『サロゲート』についても、「決して荒唐無稽(むけい)なSFではない」と、コメントしている。
  • 2012年、3代目桂米朝の米寿を記念するため「米朝アンドロイド」を製作したが、完成したアンドロイドを見た米朝は「気色悪い」と漏らした。アンドロイドの仕草は、米朝は年老いて高座に上がれなくなっていたため、息子の5代目桂米團治がモデルとなった。
    • 米朝の死後、追悼番組にて桂鞠輔が「動いている米朝師匠を見たことがない」と発言し、桂南光が「そいつアンドロイドちゃうか?!」とネタにした関西テレビ 一門勢揃い!スゴすぎまっせ米朝師匠!感謝申し上げます 2015年4月12日放送。。
  • 2015年、「次にロボットが爆発的に流行るとしたら様々な要因から中国」として中国のロボット研究施設と女性ロボット「ヤンヤン」を共同開発した。
  • 大阪大学の同僚でもあった平田オリザが主宰する劇団・青年団と協力して、アンドロイド演劇に取り組む。

著書

  • 『ロボットとは何か』(講談社現代新書、2009年11月)
  • 『どうすれば「人」を創れるか』(新潮社、2011年4月)
  • 『人と芸術とアンドロイド――私はなぜロボットを作るのか』(日本評論社、2012年9月)
  • 『アンドロイドは人間になれるか』(文春新書、2015年12月)

関連項目

  • マツコとマツコ
  • Sota (ロボット)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/05/29 05:28 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 石黒浩
  • 石黒浩の作品
  • 石黒浩の受賞歴
  • 石黒浩の写真・画像
  • 石黒浩の動画
  • 石黒浩の関連記事
  • 石黒浩のDVD
  • 石黒浩のWikipedia
  • 石黒浩の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報