辻本達規 : ウィキペディア(Wikipedia)

辻本 達規(つじもと たつのり、1991年5月17日 - )は、日本のタレント・俳優。男性グループBOYS AND MEN、およびその派生ユニットYanKee5のメンバーである。

岐阜県羽島市出身。フォーチュンエンターテイメント所属。2010年にBOYS AND MENに加入してデビュー。2013年に特撮ヒーロードラマ『黄金鯱伝説グランスピアー』の主演を務めた。BOYS AND MENでのメンバーカラーは赤。愛称は、つーじーつじちゃんなど。

略歴

岐阜県羽島市で生まれ、兄2人と姉の4人きょうだいの末っ子として育つ。子供の頃はジャイアンとあだ名される傲慢で乱暴な性格であったが、それゆえに孤立をした経験から、中学以降は徹底して真面目な学生生活を送った。両親と姉が教員であったことと、高校時代の担任に影響を受けたことから、自身も教員志望になった。岐阜市立岐阜商業高等学校を卒業して、愛知大学経済学部に進学する「戦うイケメン ヘンシ〜ン 辻本達規 BOYS AND MEN」 『中日スポーツ』 2013年9月11日、第4版 23面、Weeklyエンタメ。。大学時代は学校のある愛知県豊橋市で暮らし、情報処理と簿記の教員を目指していた。しかし、自身が理想とする「ときに体罰も辞さない熱血教師」という教師像は受け入れられない世相になったと思い、教員になりたいという熱は冷めていった。

辻本は、テレビドラマで見るケイン・コスギ佐藤隆太などに憧れて芸能界にも興味を示していた。大学在学中の2010年に、BOYS AND MENの結成と始動を扱ったテレビ番組『IKEMEN☆NAGOYA』を見て、「教師じゃなくても人に影響を与えられるのでは」と考えて、そのメンバー募集に応募。9月に事務所オーディションを経てBOYS AND MENに加入した「ボイメンと妄想デートしない? 辻本達規」 『中日スポーツ』 2014年6月4日、第4版 20面、Weeklyエンタメ。。11月に旗揚げ公演『ストレートドライブ!』にキャストとして初出演。2011年4月から1年間、オードリーMCのバラエティ番組『サタメン!!!』(中京テレビ)にレギュラー出演した。20歳のときに、BOYS AND MENの活動に専念するために大学を休学する。2011年に始まった第2弾公演『ホワイト☆タイツ』において、公演途中から吉原雅斗に代わってメインキャスト「ヤンキー5人組」の1人・石黒哲也の役に就き、派生ユニット・YanKee5のメンバーとなった。2012年2月にBOYS AND MENのデビュー・シングル『バリバリ☆ヤンキーロード』の表題曲メンバーとしてCDデビュー。同年11月に事故による入院のために約1か月間休業をして、完全な活動復帰までに2か月以上を費やしている。

2013年から、東海テレビ制作のローカルヒーロードラマ『黄金鯱伝説グランスピアー』の主演・帯刀大河/グランスピアー役を務めた。同作監督の佐野智樹は、約300人のオーディション参加者の中から辻本を「天真爛漫で無邪気、お兄さんのような親しみやすさが役にぴったり」と評し、起用に至った。以後、BOYS AND MENとして俳優業を含む活動をしながら、個人では特にスポーツとバラエティ番組への志向を打ち出して活動する。

人物

身長は178cm、血液型はA型、特技はバック転・体を張ること、趣味は野球・スポーツ観戦・読書。野球好きな家族の影響で小学2年から少年野球団に所属し、高校まで野球を続けたBOYS AND MENスポーツインタビュー 辻本達規 “第1回”.(2015年11月5日)、“第2回” (2015年11月30日). あいスポ - 愛知県振興部スポーツ振興課. 2016年3月8日閲覧。。高校時代に肩と肘を壊し、大学ではサッカー部に所属した。「たつのり」という名前は、読売ジャイアンツファンの祖父が原辰徳から付けたものである。本人も少年時代は巨人ファンだったが、番組のロケを通じて中日ドラゴンズの選手と交流したことがきっかけで中日ファンになり、特に一番最初に交流した柳裕也と親交が深い。2017年、日本スイミングクラブ協会によるベストスイマー賞を受賞した。

BOYS AND MENでのキャッチフレーズは「岐阜のパンドラの箱」。グループの中では自身について「三枚目のおちゃらけキャラ」・「元気担当」などと自称している。BOYS AND MENプロデューサーの谷口誠治は辻本の印象を「最初からいい意味で生意気だった」・「どこかチャラチャラしていて目立ちたがりに見えたが、実際はそうでもない」などと語っている。加入時期が近くすぐに意気投合した水野勝と「ブルークレヨン」というお笑いコンビを結成して、グループが常設劇場での公演を中心に活動していた時期に劇場のほかテレビ番組『PS三世』前説などで活動した。水野は辻本を「元気に見えてすごく真面目な人」と評している。

出演

テレビドラマ

  • 名古屋行き最終列車「1番ホーム〜23時40分 名鉄岐阜発〜」(2012年12月、メ〜テレ)サラリーマン 役
  • 黄金鯱伝説グランスピアー(2013年 - 2015年、東海テレビ)主演・帯刀大河/グランスピアー 役
  • なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(2014年10月 - 12月、メ〜テレ)児玉 役
  • 白鳥麗子でございます!(2016年1月 - 3月、地方局7局による共同制作)高田保 役
  • 犯罪症候群 Season1 第4話 - 5話(2017年4月 - 5月、東海テレビ)池上昇平 役
  • ボイメン新世紀 祭戦士ワッショイダー(2018年4月 - 6月、CBCテレビ)辻本達規 役
  • あなたには帰る家がある(2018年4月 - 6月、TBS)山下流星 役
  • トクサツガガガ(2019年1月 - 3月、NHK総合)アッキー 役
  • ミナミの帝王ZERO(2019年4月 - 6月、関西テレビ)館長 役
  • おいしい給食(2019年10月 - 、テレビ神奈川・TOKYO MXほか)鷲頭星太郎 役

テレビアニメ

  • 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION 第48話(2018年12月8日、TBS)辻本達規 役
  • スポンジ・ボブ(2019年10月、NHK Eテレ)ビーニー 役

その他のテレビ番組

  • サタメン!!!(2011年4月 - 2012年3月、中京テレビ)「春ボーイズ」メンバー
  • アイチ★ポリスAAA(2012年8月 - 2013年2月、メ〜テレ)安心正義 役
    • アイチ☆ポリスMAX(2014年9月 - 2015年3月)
    • アイチ☆ポリス7(2015年9月 - 2016年3月)
  • ゴゴスマ -GO GO!Smile!-(2014年3月 - 2015年9月2015年9月第5週以降はグループ全体でのレギュラー出演。、CBCテレビ)「ボイメン体操」コーナー出演
  • ボイメン体操(2015年10月 - 、CBCテレビ)
  • おはスタ(2018年9月 - 、テレビ東京)金曜準レギュラー

舞台

  • ストレートドライブ!(2010年 - 2011年)博史 役ほか
    • ストレートドライブR!(2012年)山田久信 役
  • ホワイト☆タイツ(2011年 - 2012年)石黒哲也 役ほか
  • ホワイト☆タイツII(2012年 - 2013年)石黒哲也/グレイ 役
  • 東京奇人博覧会(2013年)
  • RETURNER(2013年 - 2014年)岡田以蔵/勝海舟 役

映画

  • A.F.O 〜All for one〜(2014年)
  • サムライ・ロック(2015年)前田圭介 役
  • 復讐したい(2016年)野崎誠 役
  • 白鳥麗子でございます! THE MOVIE(2016年)高田保 役
  • BOYS AND MEN 〜One For All, All For One〜(2016年)辻本達規 役

ウェブドラマ

  • キスのカタチ「蚕」(2016年)英一郎 役

劇場アニメ

  • 劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X(2019年) - 渡島カムイ 役

吹き替え

  • アントマン&ワスプ(2018年)

CM

  • コイケヤ「『ポリンキー』×『黄金鯱伝説グランスピアー』」(2014年)
  • 中部テレコミュニケーション「コミュファ光」(2015年)
  • OKB証券(2019年)

その他

  • 24時間テレビ キッズキャラバン隊(2011年)
  • 羽島市チャレンジデー PR大使(2016年・2017年・2018年)
  • OKB証券 PRキャラクター(2019年)

書籍

電子書籍

  • 写真集『NO LIMIT: TSUJIMOTO』(2015年、中京テレビ放送)
  • CanCam デジタルフォトブック『辻本達規 COLOR-04 “RED”』(2018年、小学館)
  • 辻本達規デジタル版 BOYS AND MEN THANKS! AT DOME LIVE(2019年、講談社)

雑誌連載

  • プロ野球ai「辻本達規の野球愛」(2019年、ミライカナイ)「新連載・辻本達規の野球愛」 『プロ野球ai 2019年10月号』 ミライカナイ、2019年9月。

注釈

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/01/07 06:37 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「辻本達規」の人物情報へ