井上麻矢 : ウィキペディア(Wikipedia)

井上 麻矢(いのうえ まや、1967年 - )は、劇団こまつ座代表取締役社長。井上ひさし・好子の三女。石川麻矢名義による著作もある。

東京都台東区柳橋に生まれ、千葉県市川市に育つ石川麻矢『激突家族』。公立小学校・公立中学校を経て、文化学院高等部英語科に入学。在学中に映画学校入学を目指して渡仏し、パリで語学学校と陶器の絵付け学校に通う。滞仏中に父母の離婚騒動が持ち上がり、寄宿先に「お前の母親はろくでなし」という文面の、無記名の怪文書を送られたこともある『激突家族』p.153。

日本に帰ってから大検に合格したが、大学には進まず、ニューカレドニア文化交流協会などでアルバイトをする。スポーツニッポン新聞社に勤務した後、結婚し退社。ホテル勤務などを経て『京都新聞』2011年5月7日朝刊「井上ひさしと仕事」、2009年、父ひさしに誘われて劇団こまつ座の経理担当者となり、同年11月、癌を告知された父の跡を継ぐべく代表取締役に就任『朝日新聞』2012年6月14日「おやじのせなか」、2児の母。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/06/11 03:56 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「井上麻矢」の人物情報へ