kento fukaya : ウィキペディア(Wikipedia)

kento fukaya(けんと ふかや、1989年9月10日 -)は、日本のお笑いタレント、ピン芸人。本名:深谷 健人(ふかや けんと)。愛知県大府市大東町出身。吉本興業大阪本部所属。NSC大阪校33期出身。

略歴

  • 京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒。
  • 5upよしもと煌〜kirameki〜メンバー。
  • 高校時代すでに芸人になろうと決めていたが、大学を出てほしいという母の希望でお笑いに一番近い演劇を学べる学科へ進学。
  • 大学在学中は多数の学生映画に出演し、ヤクザや漫才師を目指す青年、中ボスなど一風変わった役を演じていた。
  • 2012年公開の映画『』にて軽度の知的障害を持つ青年、奥田智役で俳優デビュー。この映画で高橋恵子や寺島進あがた森魚松尾貴史等と共演。監督は在籍していた京都造形芸術大学の講師である山本起也。同映画がチェコで開催されたカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のメインコンペティションに選出され、山本、高橋と共にレッドカーペットを歩いた。
  • NSC卒業後はコンビ『パンダンス』を組み活動していたが、2012年に解散。その後ピンでの活動を経て、4期先輩のたわた(元フラワーズオブロマンス)と2016年7月にコンビ『あまえんB』を結成するも2017年7月に解散。現在はピン芸人として活動中。
  • 2017年11月29日、「大阪市24区住みます芸人」として大阪市中央区の住みます芸人に任命。
  • あまえんB時代には、『せやねん!』(毎日放送)の「ソラシダナンダ二府四県」というコーナーで紀州備長炭職人に弟子入りし、和歌山県田辺市に移住していた。当時相方のたわたは2016年11月から移住生活をしていたが、kentoは2017年3月から移住を開始。同年5月20日に田辺市であまえんB単独ライブを開催し、移住生活を卒業した。
  • M-1グランプリでは、即席トリオとして同期の清友やZAZYと共に『ペガサス』を結成。のちに清友とのコンビ『セイレーン』を結成し、2015・2017年には3回戦まで進出。コンビ名を改め『きよけん』としても2019年では3回戦進出した。
  • R-1グランプリ2021にて初めて決勝へ進出し、6位で終えた。

人物

  • 女優の黒木華は大学時代の友人で、大学時代の劇で黒木の相手役を務めたことがある。
  • 野球・テニスの経験有。高校時代はバレーボール部に所属していた。バレーボール部としての最後の大会では自身が1点を入れたことにチームが盛り上がりすぎたため、レッドカードにされ退場となった。
  • 歌が得意ではなく、先輩の中村フー(ヘンダーソン)が主催するユニットライブ「Berry Better!!〜音感、リズム感のない男たち〜」に参加しており、配信限定曲「Very Berry Better!!~音感、リズム感のない男達~」をリリース。ユニット内でkentoはピンク担当である。
  • kakeru翔GP2018年8月チャンピオン。
  • 体毛が濃い。高校時代、コンプレックスであった腕毛とスネ毛を金髪に染めたことで影で後輩に「クジャク」とあだ名をつけられていた。
  • 前田龍二(なにわスワンキーズ)やテコンドー近藤(センリーズ)と共にルームシェアをしている。
  • 似てるけどさえない顔になる、芸人たちの「さえない似顔絵」を描き、ライブやSNSで披露している。
  • 2020年8月4日『ウチのガヤがすみません!真夏の2時間スペシャル』(日本テレビ)にてSHOWROOM代表の前田裕二にアート作品「観月ありさ×世界の偉人」を132万で落札された(番組最高落札額)。
  • 2020年10月2.3.4日「さえない似顔絵個展」を開催、550人以上が鑑賞した。
  • 『ちちんぷいぷい』(毎日放送)にて、初代リンゴスターに選ばれた。

芸風

  • ネタは主にフリップ芸で、シュールな芸風。フリップは全て自身で制作している。
  • ネタの最初の「わーお!」と、最後の「see you」はお決まりのセリフ。他にも自身を「今里の○○」と紹介したり、自己紹介後の観客からの拍手に「幸せな音~」と言うことがある。
  • 「なんでだよ!」や「game over」もよく言うセリフ。
  • 自身の芸風を「コロコロコミックのような芸風」と言っている。

出演

テレビ

  • せやねん!(毎日放送、2017年3月 - 2017年5月27日)- ソラシラナンダ二府四県 若手芸人移住計画第1弾 和歌山・田辺市編
  • えぇ街でおま!(、2017年 - )
  • ウチのガヤがすみません!(日本テレビ、2020年5月19日)- 新ガヤ芸人発掘SP
  • きよしが深掘り! NEW LIFEクリエイターズ(ABCテレビ特番、2020年)
  • 行列のできる法律相談所(日本テレビ、2020年9月27日)
  • ちちんぷいぷい(毎日放送、2020年11月2日)

映画

  • MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜(2010年10月) - Mの犬 役
  • カミハテ商店(2012年11月) - 奥田智 役
  • のさりの島(2021年5月29日) - 近藤 役

ラジオ

  • kento fukayaのパニプスRADIO♪(YouTube、2020年5月7日 - )

賞レース成績

  • 歌ネタ王決定戦2015.2016年 準決勝進出
  • ABCお笑いグランプリ第37回.第38回.第40回.第42回最終予選進出
  • キタイ花んセカンド優勝
  • 第128回キタイ花ん優勝
  • kakeru翔GP 2018年8月優勝
  • グランドバトル2020年2月 総合2位
  • グランドバトル2020年8月 総合4位
  • R-1ぐらんぷり2019 準々決勝進出
  • R-1ぐらんぷり2020 準決勝進出
  • R-1グランプリ2021 決勝6位

出囃子

「Hit the Road Jack」

単独ライブ

2014年

  • 1月30日、3月20日、7月1日、8月25日、9月29日「kento fukayaの30分」(5upよしもと)
  • 11月18日「kento fukayaのhappy American lce cream」(5upよしもと)

2015年

  • 10月17日「kento fukayaのDelicious apple tea time♪」(よしもと漫才劇場)

2016年

  • 7月9月「…shy」(よしもと漫才劇場)

2017年

  • 12月23日「kento fukayaのfantasy big scooter」

2018年

  • 2月24日「kento fukayaのsexy pinky announcer」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 4月26日「kento fukayaのvery very love dinosaur」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 8月3日「冴えない男の純情」(よしもと漫才劇場)
  • 10月7日「kento fukayaのpretty police pumpkin pie」(道頓堀ZAZA POCKET'S)
  • 12月2日「D.S.タイムリープくん」(よしもと漫才劇場)

2019年

  • 4月9日「ちょっとそこまで蕎麦買いに」(道頓堀ZAZA HOUSE)‐トークライブ
  • 5月18日「合法的ぶっ飛びけんぴー」(よしもと漫才劇場)
  • 7月29日「押入れが一杯になったから」(道頓堀ZAZA POCKET'S)‐トークライブ

2020年

  • 5月15日、6月13日、6月25日「kento fukayaのネタとトーク」(SILK HAT)‐リモート単独
  • 12月6日「ショートとライト」今井らいぱち合同単独ライブ

2021年

  • 5月14日「kento fukaya'38」(よしもと漫才劇場)‐配信限定ライブ

外部リンク

  • [ 公式プロフィール]

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/29 03:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「kento fukaya」の人物情報へ