ビンセント・ピアッツァ

ビンセント・ピアッツァ
英語表記
Vincent Piazza
出身
アメリカ/ニューヨーク

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

米ニューヨーク・クイーンズ出身。大学時代はアイスホッケー選手を志していたが、肩をけがしたため競技生活を断念。大学卒業後は金融の仕事に就いたが、24歳で演技のレッスンを受け始め、舞台俳優としてキャリアをスタートさせる。06年の「Stephanie Daley(原題)」で長編映画デビューを果たし、その後はインディペンデント映画のほか、TVシリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」(06~07)や「レスキュー・ミー NYの英雄たち」(07)にゲスト出演する。マーティン・スコセッシ制作総指揮のTVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(10~14)のギャング、チャールズ・“ラッキー”・ルチアーノ役で知られるようになり、クリント・イーストウッド監督の「ジャージー・ボーイズ」(14)では、フォー・シーズンズのメンバー、トミー役を演じた。

関連作品(映画)

ビンセント・ピアッツァの関連作品(映画)をもっと見る

関連作品(海外ドラマ)

ビンセント・ピアッツァの関連作品(海外ドラマ)をもっと見る

写真・画像

ビンセント・ピアッツァの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

ビンセント・ピアッツァの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ビンセント・ピアッツァの関連記事をもっと見る