林家錦平 : ウィキペディア(Wikipedia)

林家 錦平(はやしや きんぺい、1953年12月12日 - )は、日本の落語家である。落語協会所属の真打。紋は、中陰花菱。出囃子は、大漁節。本名:

来歴

1953年12月、神奈川県横浜市青葉区出身。1971年、東海大学工学部に入学。大学時代は、落語研究会に所属した。

1975年3月大学中退後、大学の先輩でもある元木すみお(演芸作家)の紹介で初代林家三平に入門。前座名は、「うし平」。1980年2月、二ツ目に昇進し、「錦平」と改名。初代三平の没後は、林家こん平門下に移る。1990年3月、林家しん平、橘家半蔵、古今亭菊丸とともに真打に昇進した。趣味は、読書。

メディア

テレビ

  • 笑点(日本テレビ系列)
  • 午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ)
  • 悠々くらぶ(NHK)、ほか

テレビドラマ

  • 流れ星(2010年10月 - 12月、フジテレビ) - 林家錦平 役

参考文献

  • 山本進編『落語ハンドブック第3版』三省堂、2007年、214頁。ISBN 978-4-385-41058-6

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/29 05:24 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「林家錦平」の人物情報へ