河崎義祐 : ウィキペディア(Wikipedia)

河崎 義祐(かわさき よしすけ、1936年5月20日 - )は、日本の映画監督である。

来歴

福井県福井市生まれ。県立高志高校を1955年に卒業、1960年に慶應義塾大学経済学部卒業後、東宝に入社。当初は宣伝部に勤務していたが、1962年に製作部に転属。黒澤明の『どですかでん』、加藤泰『日本侠花伝』、岡本喜八『日本のいちばん長い日』、森谷司郎『大空戦』など、約40作品の助監督を務めた。1975年、『青い山脈』で監督に昇格。同作で第1回大阪市民映画祭新人監督賞を受賞した。翌1976年公開の『挽歌』では、主演の秋吉久美子がアジア映画祭主演女優賞を受賞。以降、多くのアイドル映画を手掛けた。東宝配給ながらホリ企画制作が一貫して日活へ制作外注していた山口百恵主演シリーズにも東宝監督としては初めて招かれ、『炎の舞』で日活撮影所に赴いている。1983年に東宝を退社してフリーに。1985年、「銀の会」設立。

現在は特定非営利活動法人「シネマネットジャパン」代表者。映画館に足を運べない老人のために「出張上映サービス」を行っている。長野県安曇野市在住。

監督作品

劇場映画

  • 青い山脈(1975年)
  • 挽歌(1976年)
  • あいつと私(1976年)
  • 若い人(1977年)
  • 残照(1978年、兼製作)
  • 炎の舞(1978年)
  • 青春グラフィティ スニーカーぶる〜す(1981年)
  • ブルージーンズメモリー BLUE JEANS MEMORY(1981年)
  • グッドラックLOVE(1981年)
  • ウィーン物語 ジェミニ・YとS(1982年、兼脚本)
  • プルメリアの伝説 天国のキッス(1983年、兼脚本)
  • クララ白書 少女隊PHOON(1985年、兼脚本)

テレビドラマ

  • ただいま放課後(フジテレビ、1981年)

著書

  • 母の大罪
  • 死と共に生きる(共にエイジ出版)
  • 映画の創造(講談社)
  • 美しい烙印(実業之日本社)
  • 映画、出前します(毎日新聞社)

関連項目

  • 日本の映画監督一覧
  • 福井県出身の人物一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/01/05 04:55 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「河崎義祐」の人物情報へ