伊藤彰 : ウィキペディア(Wikipedia)

伊藤 彰(いとう あきら、1972年9月19日 - )は、埼玉県新座市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

来歴

埼玉県の武南高校で全国高校サッカー選手権大会に出場し準優勝、その後は国士舘大学に進学し、大学卒業後は社員選手として富士通に入社、ジャパンフットボールリーグに所属していた富士通サッカー部に入団した。1997年、同サッカー部が川崎フロンターレとしてプロクラブになり、Jリーグ準会員となっても社員選手(アマチュア契約)のままチームに所属。1998年にはレギュラーとなり、J1参入決定戦のアビスパ福岡戦で先制ゴールを挙げている(J1参入決定予備戦参照)。

翌1999年、クラブがJ2に所属しても伊藤はそのまま残り、川崎のJ1昇格に貢献した。キャプテンの中西哲生からは「アマチュアながらサッカーに対して真剣で、プロ意識の高い選手」と評価され、チームの主力として、あるいはスーパーサブとして活躍したが、チームは1年でJ2に逆戻りし、2001年11月末に戦力外通告を受ける。しかしその直後に行われた天皇杯では準決勝進出の一翼を担い、出場した他の戦力外選手とともに「リストラ選手の活躍」と呼ばれた。

2002年に大宮アルディージャへ移籍し、同時にプロ契約選手となった。2004年にサガン鳥栖へ移籍、2005年からは徳島ヴォルティスへ所属し、川崎を含めて4つのクラブで7年間J2でプレーした。各チームでもレギュラーとしてチームの主力になったが、チーム成績の低迷から脱却するために体制刷新と若返りを求める各クラブの事情により退団する例が続いた。2007年1月に現役を引退、大宮アルディージャU-12のコーチに就任した。その後、同ジュニアユースチームのコーチ、同監督、さらに同ユースチームの監督を経た後、2016年シーズンからは同トップチームのコーチを務めていたが、2017年5月28日、成績不振を理由に渋谷洋樹監督および黒崎久志ヘッドコーチが解任された際に後継の監督に指名され、就任することとなった。だがその後も成績は向上せず、降格圏に低迷していた11月5日に解任された。2018年よりヴァンフォーレ甲府のヘッドコーチに就任した。

2018年12月、甲府の監督に就任すると発表された。

所属クラブ

  • 1988年 - 1990年 武南高校
  • 1991年 - 1994年 国士舘大学
  • 1995年 - 2001年 富士通/富士通川崎/川崎フロンターレ
  • 2002年 - 2003年 大宮アルディージャ
  • 2004年 サガン鳥栖
  • 2005年 - 2006年 徳島ヴォルティス

個人成績

|- |1994||国士大||||-||colspan="2"|-||colspan="2"|-||1||0||1||0 |- |1995||富士通||22||rowspan="4"|旧JFL||26||4||colspan="2"|-||0||0||26||4 |- |1996||富士通川崎||rowspan="6"|19||25||9||colspan="2"|-||4||3||29||12 |- |1997||rowspan="5"|川崎||8||0||colspan="2"|-||0||0||8||0 |- |1998||25||11||3||0||3||2||31||13 |- |1999||J2||31||7||2||0||3||4||36||11 |- |2000||J1||13||2||5||1||0||0||18||3 |- |2001||rowspan="6"|J2||33||2||3||0||4||3||40||5 |- |2002||rowspan="2"|大宮||29||43||4||colspan="2"|-||4||2||47||6 |- |2003||rowspan="2"|19||38||7||colspan="2"|-||2||1||40||8 |- |2004||鳥栖||41||4||colspan="2"|-||2||0||43||4 |- |2005||rowspan="2"|徳島||rowspan="2"|8||40||9||colspan="2"|-||0||0||40||9 |- |2006||42||1||colspan="2"|-||1||0||43||1 13||2||5||1||0||0||18||3 268||34||5||0||16||10||289||44 84||24||3||0||7||5||94||29 colspan="2"|-||colspan="2"|-||1||0||1||0 365||60||13||1||24||15||402||76 |} その他の公式戦

  • 1998年
    • J1参入決定戦 1試合1得点
  • Jリーグ(J1)初出場:2000年3月25日 対サンフレッチェ広島F.C戦(等々力)
  • Jリーグ(J1)初得点:2000年4月5日 対ガンバ大阪戦(等々力)
  • Jリーグ(J2)初出場:1999年3月14日 対アルビレックス新潟戦(等々力)
  • Jリーグ(J2)初得点:1999年4月29日 対サガン鳥栖戦(等々力)

指導歴

  • 2007年 - 2017年11月 JPN 大宮アルディージャ
    • 2007年 U-12コーチ
    • 2008年 - 2010年 ジュニアユースコーチ
    • 2011年 - 2013年 ジュニアユース監督
    • 2014年 - 2015年 ユース監督
    • 2016年 - 2017年5月 トップチームコーチ
    • 2017年5月 - 2017年11月 トップチーム監督
  • 2018年 - JPN ヴァンフォーレ甲府
    • 2018年 トップチームヘッドコーチ
    • 2019年 - トップチーム監督

参考文献

  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-104-9
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8116-7
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8134-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-802-6
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-805-0
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-811-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-099-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8117-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8135-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-801-8
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-806-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-812-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-840-5

関連項目

  • 川崎フロンターレの選手一覧
  • 大宮アルディージャの選手一覧
  • サガン鳥栖の選手一覧
  • 徳島ヴォルティスの選手一覧
  • 国士舘大学の人物一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/01/24 05:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「伊藤彰」の人物情報へ