大野真澄 : ウィキペディア(Wikipedia)

大野 真澄(おおの ますみ、1949年10月23日 - )は、日本の男性歌手。通称・VOCAL(ボーカル)。1980年代から1990年代初期、大野 轟二(おおの とどじ)と名乗った時期もあった。

来歴・人物

  • 愛知県岡崎市中町に生まれる『一番ディープな岡崎本 リバ!』(株式会社リバーシブル)2011年1月号、8-9頁 「大野真澄さん凱旋ライブ開催! ライブに先駆け、インタビューしちゃいました」。。生家は左官屋『中日新聞』2012年9月24日付朝刊、三河版、16面、「こころは三河 私の古里 大野真澄さん」。。岡崎市立根石小学校、岡崎市立甲山中学校「トップフォーラム21」2012年10月13日・オンデマンド放送FMおかざき、愛知県立愛知工業高等学校デザイン科卒業。イラストレーターを目指し、上京してセツ・モードセミナーに入学した。
  • ダウンハーツ、東京キッドブラザース、ロックミュージカル『ヘアー』(堀内護とダブルキャストで、ウーフ役)を経て、1970年、堀内、日高富明とガロを結成。かまやつひろしに見いだされ、同バンドとしてデビュー。「学生街の喫茶店」(大野自身がリードボーカルを担当)、「君の誕生日」、「ロマンス」などのヒット曲を出す。
  • 1976年、ガロ解散。
  • 解散後ソロ活動を開始し、吉田拓郎、風などのツアーに参加(ちなみに当時の大野のバックバンドはTHE ALFEE)。
  • 同時に作家活動も始め、あおい輝彦のヒット曲「あなただけを」の作詞を手がけ、大ヒットする。なお、同曲は現在伊勢正三、太田裕美、大野真澄の3人がなごみーずとして全国をまわっている『アコースティックナイト』コンサートで大野がカバーしている。
  • その後も多岐にわたる音楽ジャンルで才能を発揮し、内田裕也、松田優作三浦友和などのレコーディングに参加。手がけた仕事は多い。
  • プロデュース等裏方の仕事をしていたが、1996年から歌手活動を再開した。東京・六本木のライブレストラン「スイートベイジル139」で定期的にソロライブを行っている。また、前述の『アコースティックナイト』コンサートを各地で開催。このコンサートの前述の3人は「なごみーず」と呼ばれるユニットを組んでおり、2007年12月2日コンサート会場と通販のみの限定リリースでライブ・アルバムのCD『アコースティックナイト』発売した。
  • 2003年、映画『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』に出演し劇中にて、ガロ時代の楽曲「悲歌」(アルバム『吟遊詩人』に収録)を弾き語りした。
  • 2006年11月29日に発売された『GARO BOX』では監修を担当。収録されているDVDの映像は、そのほとんどが当時、大野が自宅で録画し所有していたものが採用されている。
  • 2009年2月、和幸のツアーのサポートメンバーとして、ギター・コーラスとしてツアーに参加した。アンコールで、「学生街の喫茶店」を披露した。
  • 2009年10月28日、赤坂BLITZにてTHE ALFEEとのジョイントライヴ「大野真澄 還暦スペシャルライヴAS NOW~WHEN I’m 60~MASUMI OHNO WITH THE ALFEE」を行った。
  • 2011年9月12日放送の『水戸黄門』(第43部)岡崎編に、「ごん助」役でゲスト出演した。
  • 吉田拓郎の著書の中に、竹馬のようにヒールの高いロンドンブーツを履いていた、という記述がある。
  • 書籍『学生街の喫茶店はどこに』 著者・里木陽市(アートデイズ・2007年)ISBN 978-4-86119-098-8 に企画協力。
  • 2015年4月15日、フジテレビNEXTの「フォーク・デイズ 第92章 事実上の元祖お台場フォーク村 ~フォークソングは世代を超えて~」に出演。坂崎幸之助、加藤いづみ、森山直太朗、WaT、高城れに(ももいろクローバーZ)と共演。
  • 2016年7月1日、出身地の愛知県岡崎市が市制100周年を迎え、記念式典にて岡崎市民栄誉賞を授与される市民栄誉賞 | 岡崎市ホームページ

近年は「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」に出演し、全国各地を回っている。

ディスコグラフィ

シングル

  • 哀しみを口ずさむ時 / 空に星があるように(1976.9.25)
  • ラブソングはいらない / さよなら(1977.6.25)
  • ダンディ / マリア (1978.9.5)
  • 泳ぐ人 - 東映映画『野獣刑事』主題歌 / 恵子のテーマ(大野轟二名義)(1982.11)
  • もっと近くに / それほど難しくはない (大野轟二名義)(1990.5.21)
  • プレジャーマシーン TOKYO / 夢の不思議(大野轟二名義)(1990.9.21)

アルバム

  • ヴォーカル (大野轟二名義)(1990.10.21)
    もっと近くに / PAST TIMES(影と光) / このままDANCIN' / プレジャーマシーンTOKYO / 追憶の中で / イエスタデイズ / 夢の不思議 / 君が雨に濡れている / ACTOR&ACTRESS / 噂 / VISIONS
  • 平凡なこと (2000.10.21)
    平凡なこと / 想い出の嘘 /MAN / 夢の中の歌 / 旅する時間の中で / 6/8のコミュニケーション / 1999ダイアモンド / あこがれ / はじめてのデート / ラブソング
  • Vocal's Vocals(2009.1.14)
    学生街の喫茶店 / 裏切りの街角 / 時の過ぎゆくままに / フィーリング / 悲しい色やね / あの頃のまま / スローバラード / 時間よ止まれ / サルビアの花 / 空に星があるように / さらば青春 / 「いちご白書」をもう一度 / 青春の影 / あゝ青春 / 地球はメリー・ゴーランド
  • ワンパイントのラム酒に乾杯(2009.10.28)
    ワンパイントのラム酒に乾杯 / あなただけを / もっと近くに / このままDANCIN' / プレジャーマシーンTOKYO / イエスタデイズ
  • 大野真澄 〜GARO青春の旅路 Vol.1(2017.10.17)
    学生街の喫茶店 / 美しすぎて / 忘れていたもの / ロマンス / 花の伝説 / ピクニック / 個人的メッセージ / 吟遊詩人 / 時の魔法 / 青春の旅路 / 君想う 2017 / 追憶 / 微妙な二人 / クールになりたい / ワンパイントのラム酒に乾杯

映像作品

  • おんがく白書 大野真澄(元ガロ)(2010.6.29)

楽曲提供

エピソード

  • ガロのラストアルバム『三叉路』のタイトルは、大野が提案した。
  • 後輩に当るTHE ALFEEの高見沢俊彦は大野に師事して作曲を学んだ。また、大野から譲り受けたMartin D-45を最近でも使い続けており、コンサートツアーでも披露する事もある。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/07/19 17:02 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「大野真澄」の人物情報へ