おおすみ正秋 : ウィキペディア(Wikipedia)

おおすみ 正秋(おおすみ まさあき、1934年11月26日日本映画監督協会 - )は、日本の演出家・映画監督である。旧表記・本名大隅 正秋(読みは同じ)。兵庫県出身。東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻修士課程修了。東京工科大学片柳研究所クリエイティブアドバイザー。

人物・略歴

1934年(昭和9年)、兵庫県に生まれる。

兄とともに人形劇団「神戸人形芸術劇場」を主宰。人形劇の「ひとみ座」出身者の藤岡豊らが結成した東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)に参加してからはアニメの演出を手がけるようになり、その初期に活躍した。

1971年(昭和46年)、後述する様々な問題のためにテレビアニメ『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』以降は東京ムービーと疎遠になる。日本テレビ動画の『アニメドキュメント ミュンヘンへの道』(1972年)、日本サンライズの『ラ・セーヌの星』(1975年)、『ろぼっ子ビートン』(1976年 - 1977年)、NHK『子鹿物語』(1983年)、劇場用アニメ映画『走れメロス』(1992年)なども手がけた。一方、『劇団飛行船』などで、「マスクプレイミュージカル」と称する着ぐるみミュージカルなども手がけている。

1993年(平成5年)に放送されたTVスペシャル第五弾『ルパン三世 ルパン暗殺指令』では、東京ムービー側からの関係修復の呼びかけに応えて、監督を務めた。

1996年(平成8年)には世界初のバーチャルアイドルとしてデビューした「伊達杏子」の開発に携わった。

2003年(平成15年)、東京工科大学に新設された大学院メディア学研究科メディア学専攻(現・バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻)修士課程(現・博士前期課程)に、漫画家で『ルパン三世』原作者のモンキー・パンチとともに入学、コンピューターアニメーションを研究する。2005年(平成18年)、同課程を修了しおおすみ正秋の公式サイト「おおすみ正秋の仕事場」の記述を参照。、同年、同大学の片柳研究所のクリエイティブアドバイザーに就任した。

手法

高畑勲と同じく絵コンテを描かず口頭で伝える手法をとる。『走れメロス』で制作に加わった沖浦啓之は実質的に絵コンテを担当し、このことが自分のなかで大きな変化になったと語っている。

東京ムービー作品での降板劇

ムーミンの場合

『ムーミン』(フジテレビ系)の演出を担当するが、ストーリーやキャラクター設定が原作から逸脱していると原作者サイドからクレームが付いた事や製作サイドの赤字問題も重なり、第26話で制作会社が東京ムービーから虫プロダクションに変更になっている。その後の『新ムーミン』は全編虫プロが制作。東京ムービー時代とはキャラクター設定や基本プロットなどテイストの異なる作品となった。その後1990年、テレスクリーンによって『楽しいムーミン一家』(テレビ東京系)が制作されて以降は、ムーミンキャラクター社がこの作品のみ「アニメ版ムーミンの世界標準」として公認。旧作の版権を持つ瑞鷹もこれを受諾。国内においても再放送やソフト化が自粛され、事実上の「封印作品」となっている。

ルパン三世の場合

『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』では前半の演出を担当、その都会的センスとスタイリッシュな映像作り、さらに「勧善懲悪という図式にとらわれた、子供向け」という従来のテレビアニメの制作体制に対する大隅自身の懐疑的な思想から生まれたピカレスクかつ頽廃的、シニカルな作品世界にはいまだに支持者も多い。しかし、本放送時には低視聴率に苦しみ、テレビ局からの対象年齢を下げるようにとの要求を飲むことができずに第3話の放映後に降板。その後の演出は作画監督・大塚康生の東映動画時代の知己でもある高畑勲宮崎駿のコンビ(「Aプロ演出チーム」名義)に引き継がれた。TV第1シリーズ第1話で出てくる、峰不二子の逮捕状の裁判官名が“大偶正秋”となっている。

クレジット上は1-6話、9話、12話までが大隅の演出と表記されているが、実際には多少、高畑・宮崎二人の手が入っているものもある(放映順と製作順は異なる)。また、7話と10、11話も、もともと大隅が残した未完成の作品に程度の差こそあれ、両者が手を入れたものである。

高畑・宮崎コンビに代わってシニカルなハードボイルド路線から、よりコミカルでチームワークを基調とした路線へと変更したものの視聴率は伸び悩み、結局2クールで打ち切りとなっている。その後、1975年から1976年にかけて日本各地で何度も再放送され作品の再評価につながり、第2シリーズの制作が決定した(第2シリーズ、PARTIIIにおおすみは関わっていない)。その後、第1シリーズ終了から22年目にして1993年7月23日に放送されたTVスペシャル『ルパン暗殺指令』で監督を務めている。

参加作品

テレビアニメ

東京ムービー時代

  • オバケのQ太郎(1967年 - 1968年)- 演出
  • パーマン(1967年 - 1968年)- 演出
  • 怪物くん(1968年 - 1969年)- 演出・脚本
  • ルパン三世 パイロットフィルム(1969年)- 演出(監督)
  • ムーミン(1969年)- 演出(監督)[1 - 26話]
  • ルパン三世 (TV第1シリーズ)(1971年) - 演出(監督)[1 - 12話]

フリー時代

  • アニメドキュメント ミュンヘンへの道(1972年) - 監督
  • ラ・セーヌの星(1975年) - チーフディレクター[1 - 26話]、総監督[27 - 39話]
  • ろぼっ子ビートン(1976年 - 1977年) - 原作・監督'''・作詞
  • 子鹿物語(1983年) - 監督
  • ルパン三世 ルパン暗殺指令(1993年) - 監督

劇場アニメ

東京ムービー時代

  • アタックNo.1 涙の世界選手権(1970年) - 演出(監督)
  • ムーミン(1971年) - 演出(監督)

フリー時代

  • 海だ!船出だ!にこにこ、ぷん (1989年) - 脚本
  • 走れメロス (1992年) - 監督・脚本
  • ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記(1997年) - CGスーパーバイザー

OVA

  • ヤング・シェヘラザード (2004年) - 監督

テレビドラマ

  • ケーキ屋ケンちゃん(1972年)
  • おもちゃ屋ケンちゃん(1973年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/08/17 09:59 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「おおすみ正秋」の人物情報へ