イドリッサ・ウエドラオゴ : ウィキペディア(Wikipedia)

イドリッサ・ウエドラオゴIdrissa Ouedraogo, 1954年1月21日 - 2018年2月18日) は、ブルキナファソの映画監督。

来歴

1954年1月21日、オートボルタ (現ブルキナファソ) のバンフォラで生まれる。ワガドゥグーのAfrican Institute for Cinema Studiesを卒業後、1981年から映画製作を始め、1985年までに6本の短編映画を製作。同時期、キエフとパリの高等映画学院で映画製作を学んだ。

1987年、初の長編『祖国アフリカ』を発表。タオルミナ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。1989年に発表した2作目の『ヤーバ』は第43回カンヌ国際映画祭の監督週間部門に出品され樋口泰人著『カンヌ映画祭の50年』(1998年)P.294より。、国際映画批評家連盟賞とエキュメニカル審査員賞を受賞した。翌1990年には3作目の『掟』が第43回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、審査員特別グランプリを受賞した。1992年の『Samba Traoré』は写実的な作風が評価され、翌1993年の第43回ベルリン国際映画祭で特別銀熊賞を受賞した。

作品

長編

  • 祖国アフリカ Yam Daabo (1987年)
  • ヤーバ Yaaba (1989年)
  • Tilaï (1990年)
  • Obi (1991年)
  • Samba Traoré (1993年)
  • Le Cri du cœur (1994年)
  • Afrique, mon Afrique (1994年)
  • Kini & Adams (1997年)
  • La Colère des dieux (2003年)
  • Kato Kato (2006年)

短編・テレビ映画

  • Pourquoi? (1981年) 短編
  • Poko (1981年) 短編
  • Les Écuelles (1983年) 短編
  • Les Funérailles du Larle Naba (1984年) 短編
  • Ouagadougou, Ouaga deux roues (1985年) 短編
  • Issa le tisserand (1985年) 短編ドキュメンタリー
  • A Karim na Sala (1991年) テレビ映画
  • Gorki (1994年) 短編
  • キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒 Lumière et compagnie (1995年) オムニバス
  • Les Parias du cinémas (1997年) 短編
  • Entre l'arbre et l'écorce (1999年) テレビ映画
  • Le monde à l'endroit (2000年) テレビ映画
  • Scenarios from the Sahel (2001年) 短編
  • Kadi Jolie (2001年) テレビシリーズ
  • 11'0901/セプテンバー11 11'0901 September 11 (2002年) オムニバス
  • Stories on Human Rights (2008年) オムニバス
  • The Birthday (2008年) 短編
  • Rien ne se jette (2010年) 短編ドキュメンタリー

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/03/07 06:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「イドリッサ・ウエドラオゴ」の人物情報へ