ヨシフ・エルモリエフ : ウィキペディア(Wikipedia)

ヨシフ・ニコライエヴィチ・エルモリエフ, 1889年3月24日 - 1962年2月20日)は、ロシア帝国(現ロシア)・フランスの映画プロデューサーである。アメリカ合衆国では、ジョゼフ・N・エルモリーフJoseph N. Ermolieff)として知られる。

人物・来歴

ロシア帝国(現ロシア)に生まれる。モスクワ大学法学部在学中の1907年、パテ兄弟社モスクワ支店に若年技術者として採用された。1年後には販売部門の責任者、3年後にはロシアにおける同社の最高経営責任者になっていた。1912年、ロストフ・ナ・ドヌで、サイレント映画製作の専門会社「エルモリエフ・サルヒン・セゲーリ商会」を創業した。

1915年、モスクワで、エルモリエフ商会を設立、120本以上の映画を製作した。1917年の十月革命後、クリミア半島に移った。同地域にはまだボリシェヴィキが支配しておらず、ヤルタに支社を設立した。

その後白軍は駆逐され、1919年8月令をもって、レーニンは、1920年2月15日、映画産業を国有化した。エルモリエフは、自社の俳優と技術者を連れてロシアを離れ、ギリシア籍の商船に乗り込み、コンスタンティノープル経由でフランスを目指した。

同年8月、パリ郊外のセーヌ=サン=ドニ県モントルイユにある古いパテ撮影所内に法人を設立した。同法人は「ソシエテ・エルモリエフ=シネマ」と命名、当時の金額で100万フランを資本金のために調達し、そのうちの70%をエルモリエフ自身が出資した。以降2年間で40作以上の映画を製作し、1922年の秋、ドイツに移った。エルモリエフの仲間であるアレクサンドル・カメンカとノーエ・ブロッシュは「アルバトロス社」を設立、同社は1920年代末までに、フランス映画界に重要な役割を果たした。

エルモリエフは、同年から1928年までにドイツ映画を大量生産した。とくにミュンヘンでは、「エルモリエフ=フィルムGmbkh」を設立している。やがてトーキーの時代が到来し、ドイツでもバイエルンでも、社会政治的問題が起き始めたことから、エルモリエフはフランスへ移った。

1929年以降、エルモリエフは、ジュール・ヴェルヌの小説『皇帝の密使』を原作に、6本の映画を製作、1936年には大ヒットを得た。レジオンドヌール勲章を受章した。

1937年、ハリウッド世界を見聞するためふたたびフランスを離れた。ユナイテッド・アーティスツで2作をプロデュース、3作目は、1943年にメキシコでロケーション撮影を敢行した。ミゲル・M・デルガド監督の『皇帝の密使』であった。

1962年2月20日、カリフォルニア州ロサンゼルスで、脳卒中により死去した。満72歳没。

おもなフィルモグラフィ

特筆以外はすべてプロデュース作
  • 『罪』 [[:en:Grekh|]] : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、 1916年
  • 『スペードの女王』 [[:en:The Queen of Spades (1916 film)|]] : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、1916年
  • [[:en:Ugolok|]] : 監督チェスラフ・サビンスキー、 1916年
  • 『ペェター・セルギー』 [[:en:Father Sergius (film)|]] : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、1917年
  • 『検察官』 : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、 1917年
  • : 監督チェスラフ・サビンスキー、 1917年
  • 『歓喜する悪魔』 [[:en:Satan Triumphant|]] : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、1917年
  • 『闇の力』 : 監督チェスラフ・サビンスキー、 1918年
  • : 監督ヤーコフ・プロタザノフ、1920年
  • 『愛のゴルゴタ』 Calvaire d'amour : 監督ヴィクトル・トゥールジャンスキー、 1923年
  • 『隊長ブーリバ』 Taras Bulba : 監督ウラジミール・ストリジェフスキー、 1924年 - プロデューサー・監修
  • : 監督ウラジミール・ストリジェフスキー、 1924年
  • 『ヴォルガ』 : 監督ヴィクトル・トゥールジャンスキー、 1928年
  • 『皇女タラカノワ』 Tarakanova : 監督レイモン・ベルナール、 1930年 - 録音技師
  • 『ミルトンの与太者』 La bande à Bouboule : 監督レオン・マト、 1931年 - 監修
  • Das Mädel vom Montparnasse : 監督ハンス・シュヴァルツ、 1932年 - 製作主任
  • Embrassez-moi : 監督レオン・マト、 1932年 - 助監督
  • 『千二夜物語』 La mille et deuxième nuit : 監督アレクサンドル・ヴォルコフ、 1933年 - 脚本
  • Nu comme un ver : 監督レオン・マト、 1933年
  • 『謝肉祭の夜』 L'enfant du carnaval : 監督アレクサンドル・ヴォルコフ、 1934年
  • 『皇帝の密使』 Michel Strogoff : 監督ジャック・ド・バロンセリ、1935年
  • 『皇帝の密使』 Der Kurier des Zaren : 監督リヒャルト・アイヒベルク、 1936年
  • 『皇帝の密使』 The Soldier and the Lady : 監督ジョージ・ニコルズ・ジュニア、 1937年 - アソシエイトプロデューサー
  • 『真夜中から』 Ab Mitternacht : 監督カール・ホフマン、 1938年
  • 『朝のない夜』 Nuits de princes : 監督ウラジミール・ストリジェフスキー、 1938年
  • 『皇帝の密使』 Miguel Strogoff : 監督ミゲル・M・デルガド、 1944年 - プロデューサー・脚本
  • 『モロッコ城塞』 Outpost in Morocco : 監督ロバート・フローリー、 1949年 - プロデューサー・脚本
  • 『アルジェの要塞』 Fort Algiers : 監督レスリー・セランダー、 1953年

関連事項

  • モントルイユ (セーヌ=サン=ドニ県) ([[:fr:Montreuil (Seine-Saint-Denis)]])

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/11/19 22:29 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ヨシフ・エルモリエフ」の人物情報へ