インク・スポッツ : ウィキペディア(Wikipedia)

ジ・インク・スポッツThe Ink Spots)はアメリカ合衆国のヴォーカル・グループで1930~1940年代に人気があった。

彼らの音楽はリズムアンドブルース、ロックンロール、ドゥーワップの先駆けになった。リード・シンガーBill Kennyが持ち込んだバラード・スタイルで人種を問わず愛された。1954年解散。1989年にロックの殿堂の、ロックへの影響源となったアーティストたちに送られるアーリー・インフルエンス部門で受賞を果たした。Goldberg, Marv (1998). "More Than Words Can Say: The Ink Spots And Their Music". Scarecrow Press"Howard Perspectives" Dwight Burrill, Herb Kenny, Howard University, 1992

インク・スポッツの歌は4弦ギターで始まりI - #idim - ii7 - V7のコード進行で進み、テナーのBill Kennyの歌、そして語りへと引き継ぐ場合が多い。"Honey Child", "Honey Babe" などのフレーズをよく用いて、愛する人への語らいという形を取ることが多い。

代表曲は1939年のデビュー・シングル "If I Didn't Care"。

概略

1930年代初頭にインディアナポリスで結成、当時のメンバーはOrville "Hoppy" Jones、Ivory "Deek" Watson、Jerry Daniels、Charlie Fuquaの四人。35年にビクター・レコードより初のレコードをリリースする。36年にJerry Danielsと入れ変わる形で、後の中心メンバーとなるBill Kennyが加入した。

39年リリースの "If I Didn't Care" で1900万枚もの大ヒットを記録する。その後40年代初頭に立て続けにヒットを飛ばすが43年にBernie MackeyがCharlie Fuquaと入れ変わる形で脱退、44年にはHoppy Jonesが死亡するなど活動に陰りが見え始め、その後多くの脱退などを重ねグループは分裂、54年にBill Kennyはオリジナルのインク・スポッツの解散を宣言した。この騒動に前後する形で数多くの、オリジナルのインク・スポッツに関わってすらいないようなグループがインク・スポッツを名乗り活動を開始。現在までにインク・スポッツを名乗るグループは100以上存在していたと言われる。

主な楽曲

シングル名チャート(位)
US USR&B
1939 "If I Didn't Care" 2
"You Bring Me Down" 14
"Address Unknown" 1
"My Prayer" 3
"Bless You" 15
1940 "Memories of You" 29
"I'm Gettin' Sentimental Over You" 26
"When the Swallows Come Back to Capistrano" 4
"Whispering Grass (Don't Tell the Trees)" 10
"Maybe" 2
"Stop Pretending" 16
"You're Breaking My Heart All Over Again" 17
"We Three (My Echo, My Shadow and Me)" 1
"My Greatest Mistake" 12
"Java Jive" 15
1941 "Please Take a Letter, Miss Brown" 25
"Do I Worry?" 8
"I'm Still Without a Sweetheart ('Cause I'm Still in Love with You)" 19
"So Sorry" 24
"Until the Real Thing Comes Along" 24
"I Don't Want to Set the World on Fire" 4
"Someone's Rocking My Dreamboat" 17
1942 "Ev'ry Night About This Time" 17 6
"This Is Worth Fighting For" 9
"Just as Though You Were Here" 10
1943 "Don't Get Around Much Anymore" 2 1
"If I Cared a Little Bit Less" 20 10
"I'll Never Make the Same Mistake Again" 19
"I Can't Stand Losing You" 1
1944 "Don't Believe Everything You Dream" 14 6
"Cow Cow Boogie"(with Ella Fitzgerald) 10 1
"A Lovely Way to Spend an Evening" 2
"I'll Get By (As Long as I Have You)" 7 4
"Someday I'll Meet You Again" 14
"I'm Making Believe"(with Ella Fitzgerald) 1 2
"Into Each Life Some Rain Must Fall"(with Ella Fitzgerald) 1 1
1945 "I'm Beginning to See the Light"(with Ella Fitzgerald) 5
1946 "The Gypsy" 1 1
"Prisoner of Love" 9 5
"To Each His Own" 1 3
1947 "You Can't See the Sun When You're Crying" 19
"Ask Anyone Who Knows" 17 5
1948 "The Best Things in Life Are Free" 10
"Say Something Sweet To Your Sweetheart" 22
"You Were Only Fooling (While I Was Falling in Love)" 8 15
1949 "You're Breaking My Heart" 9
"Who Do You Know In Heaven (That Made You the Angel You Are?)" 21
1950 "Echoes" 24
"Sometime" 26
1951 "If" 23
"It Is No Secret"(ビル・ケニーのソロ作品) 18
1952 "(That's Just My Way of) Forgetting You"(ビル・ケニーのソロ作品) 23

各種メディアでのインク・スポッツ

解散から半世紀以上が経つインク・スポッツだが未だ影響は大きく、多くのメディアにて楽曲が使用されている。

ドラマ

  • ウォーキング・デッド - シーズン4、14話にて "Maybe"。

映画

  • レイジング・ブル(1980) - "If I Didn't Care"
  • ブレードランナー(1982) - "If I Didn't Care"
  • マリアの恋人(1984) - "It's A Sin To Tell A Lie"
  • マルコムX(1992) - "My Prayer"
  • ショーシャンクの空に(1994) - "If I Didn't Care"
  • アビエイター(2004) - "Do I Worry"
  • Logorama(2009) - "I Don't Want to Set the World on Fire"

ゲーム

  • Fallout シリーズ - の主題歌として "Maybe" が、Fallout3の主題歌として "I Don't Want to Set the World on Fire" が、Fallout4の主題歌として "It's All Over But The Crying" が使われている。その他にもFallout3、にてラジオ楽曲として多数の曲が採用されている。
  • BioShockシリーズ - BioShockにて "If I Didn't Care"、BioShock2にて "Memories of You" が使用されている。
  • Mafia 2 - ラジオの楽曲として "The Best Things In Life Are Free" を使用。
  • L.A.ノワール - ラジオの楽曲として "Into Each Life Some Rain Must Fall" を使用。

参照

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/02/28 11:56 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「インク・スポッツ」の人物情報へ