「HiHi Jets」作間龍斗に首藤凜監督、人見知り発動「知らない人みたい」「ジャニーズのかっこいい人の立ち姿」

2021年10月4日 19:20

エキセントリックな三角関係を体現した山田杏奈、作間龍斗、芋生悠が登壇
エキセントリックな三角関係を体現した山田杏奈、作間龍斗、芋生悠が登壇

山田杏奈、ジャニーズJr.のグループ「HiHi Jets」の作間龍斗芋生悠が共演し、芥川賞作家・綿矢りさ氏の小説を映画化した「ひらいて」の完成披露上映会が10月4日、東京・池袋HUMAXシネマズで開催された。山田、作間、芋生をはじめ、首藤凜監督、綿矢氏が登壇した。

本作は、女子高生の暴走する恋心と、エキセントリックな三角関係を描く物語。成績優秀で、明るく人気者の高校3年生の愛(山田)は、同じクラスの“たとえ”(作間)に片思いをしている。しかし、たとえが学校で手紙を大事そうに読んでいる姿を目撃し、「恋人がいるのではないか」と疑念を抱く。ある夜、悪友たちと学校に忍び込んだ愛は、手紙を盗み、たとえが病気がちで目立たない少女・美雪(芋生)と密かに付き合っていることを知る。

画像2

「好きな人の好きな人を奪う」主人公・愛を演じた山田は、「かなり突拍子もない、思い切った行動をする子だったので、最初に脚本を読んだ時に『どうしよう』と思って、首藤監督にもずっと『わからないです』と言いながら……。でも根本にある、高校生ならではの暴力的な感情は、誰しも共通して持っているものだと思うので、その部分を大事にしながら精一杯演じました」と、難しい役どころを紐解く。

山田の演技に、首藤監督は「杏奈ちゃんとはずっと静かな戦いをしていて。『愛がわからない』『愛をわかりながら演じたい』と葛藤してくださって、表情がどんどん画面のなかで変わっていくので、ぜひそれを体感して頂けたら」と絶賛。綿谷氏も「特に愛は、自分が思い入れをもって書いた登場人物。本当に画面上で『考えるより先に行動する』という部分を強い眼力で演じて下さったので、心奪われる場面がすごく多いなと感じました」と賛辞をおくった。

画像3

愛と美雪に愛されるたとえを演じた作間にとって、映画の舞台挨拶に立つのはこの日が初めて。緊張した面持ちで、オファー当時のことを振り返る。「共演すると決まった時に、ウェブで調べるんですよ(笑)。山田さんも芋生さんも活躍されている方々なので、撮影期間中はずっと『うわやべぇ』って感じで圧倒されていましたね」。すると、「そうは見えなかったですよ」(芋生)、「自分の撮影がない時も、現場に残っていらっしゃいましたよね」(山田)というコメントに、「得られるものは全部得ようと思って、たくさん(撮影の様子を)見させて頂きましたね」といい、真面目な一面を垣間見せた。

画像4

そんな作間に関して、芋生は気になる部分があるようで「たとえと、今日の作間くんの印象が全然違う(笑)」と指摘。作間は「何かちょっと、監督にも人見知り発動されてる」と訴えると、首藤監督も「撮影が終わってから、全然うまくしゃべれなくなっちゃってる(笑)」と明かす。その理由を「作間くん、いまは知らない人みたい(笑)。現場ではずっとたとえだったので、すごく親密に話すことができたんです。いまは、ジャニーズのかっこいい人の立ち姿ですが、現場ではたとえとして立っていたので(笑)。(作品には)内面の美しい部分が映っているので、心洗われるような気持ちになりました」と説明した。

画像5

この日はタイトルにちなみ、「ひらいた」エピソードを披露するコーナーも。山田は「サウナーへの道」、芋生は「料理の楽しさ」をあげ、新たな趣味についてトークを繰り広げた。作間は、「20歳への扉」という言葉とともに、20歳という年齢への期待を語った。9月30日に19歳の誕生日を迎えたばかりで、「いろんなところで『コーヒーメーカーがほしい』と言っていたら、両親が頼んでくれて。ただ誕生日当日に、『HiHi Jets』のメンバー4人からもコーヒーメーカーを頂きまして……(笑)。いま、家に本格的なコーヒーメーカーが2台あるので、毎朝使い分けていますね」と明かし、会場の笑いを誘った。

ひらいて」は、10月22日に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ひらいて
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース