イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」、第34回東京国際映画祭のオープニング作品に決定

2021年9月21日 04:00

クロージング作品は「ディア・エヴァン・ハンセン」
クロージング作品は「ディア・エヴァン・ハンセン」

クリント・イーストウッドが監督・主演・製作を兼ねた「クライ・マッチョ」が、10月30日に開幕する第34回東京国際映画祭のオープニング作品に決定。クロージング作品は、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」の製作陣がブロードウェイの傑作ミュージカルを映画化する「ディア・エヴァン・ハンセン」となることも発表された。

画像2

「クライ・マッチョ」は、N・リチャード・ナッシュの「CRY MACHO」(1975年発刊)を映画化する、イーストウッドのデビュー50周年記念作品。一世を風靡したロデオ界の元スター・マイク(イーストウッド)は、落馬事故をきっかけに家族が離散し、いまは競走馬の種付けで細々と暮らしていた。ある日、マイクは元雇用人から、メキシコにいる彼の息子・ラフォ(エドゥアルド・ミネット)の誘拐を依頼される。メキシコからテキサスへ――その危険で壮大な道のりのなかで、ふたりは人生に必要な「本当の強さ」を見出していく。

画像3

ディア・エヴァン・ハンセン」は、スティーヴン・チョボスキー監督(「ウォールフラワー」)が、トニー賞、グラミー賞、エミー賞で受賞を重ねたミュージカルを映画化するものミュージカル版と同じく主演を務めるベン・プラットをはじめ、ケイトリン・デバージュリアン・ムーアエイミー・アダムスが共演。第46回トロント国際映画祭のオープニング作品として上映された。

孤独な青年エヴァン・ハンセン(プラット)はある日、自分宛に書いた「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」から始まる手紙を、図らずも同級生のコナーに持ち去られてしまう。後日、校長から呼び出されたエヴァンは、コナーが自ら命を絶ったことを知る。悲しみに暮れるコナーの両親は手紙を見つけ、息子とエヴァンが親友だったと思いこみ、彼らをこれ以上苦しめたくないエヴァンは、思わず話を合わせてしまう。そして促されるままに語った“ありもしないコナーとの思い出”は人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がり、彼の人生は大きく動き出す。

第34回東京国際映画祭は10月30日~11月8日に、日比谷、有楽町、銀座地区で開催される。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
クライ・マッチョ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    1

    【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    2022年12月8日 19:00
  2. 「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2

    「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2022年12月8日 10:00
  3. 中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    3

    中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    2022年12月8日 12:00
  4. 「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    4

    「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    2022年12月8日 11:00
  5. 「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    5

    「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    2022年12月8日 04:30

今週