ほぼノーCGで全編リアル撮影敢行 「新スースク」特別映像&新ビジュアル公開

2021年8月20日 08:00

14人の悪党たちがぐったりと横たわった新ビジュアル
14人の悪党たちがぐったりと横たわった新ビジュアル

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督最新作「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」(公開中)の特別映像が披露された。全編 IMAX(R)カメラで撮影された本作の舞台裏を収めている。

本作は、全員終身刑の14人が減刑と引き換えに政府から極秘指令を受け、成功率0%のデス・ミッション=全世界の脅威となる巨大怪獣に立ち向かうさまを描く。

撮影では、迫力を最大限引き出すために、ガン監督たっての希望から出来るだけCGを使わずにリアルな撮影を敢行。特別映像では、さまざまな環境を再現したセットを用いて撮影されたアクションシーンの様子が映し出されている。

映像に映り込む爆炎、土煙、そしてビーチやジャングルに至るまで、すべてが実際に再現された撮影の模様が紹介され、ビーチのシーンでは、わざわざ波を起こす装置まで導入したという。ガン監督は「できるだけリアルに撮影をしたかった。そして実現できたんだ!」と語っている。

あわせて、14人の悪党たちがぐったりと横たわった新ビジュアルが披露された。「この映画に出てくる悪党たちは、ほとんど死ぬよ」と、公開前からガン監督が予告していた通り、過酷なバトルを期待させる仕上がりだ。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン