風間俊介、謎めいたバーのマスターを妙演 「鳩の撃退法」場面写真

2021年7月23日 12:00

何が起こったのか…
何が起こったのか…

直木賞作家・佐藤正午氏のベストセラーを映画化する「鳩の撃退法」から、風間俊介の出演シーンを切りとった場面写真が披露された。謎めいた影を持つバーのマスターを妙演している。

本作は、藤原竜也が直木賞を受賞した小説家・津田伸一役を演じ、小説と現実、そして過去と現在が交錯しながら進む謎解きエンタテインメント。土屋太鳳西野七瀬豊川悦司らが共演している。

風間が演じたのは、4歳の娘を持ち、家族3人で幸せに暮らしているバーのマスター・幸地秀吉。秀吉が深夜のコーヒーショップで小説を読んでいたところに津田(藤原)が居合わせ、2人は小説談議に花を咲かせることになる。しかし、ある日突然、秀吉は家族と共に姿を消してしまう。

場面写真は、血で汚れた顔で立ちつくす秀吉が切りとられており、秀吉の身に何が起こったのか気になる1枚となっている。秀吉を演じた風間は「正直な話、自分がパズルのピースの一つなので、まだ(全体が)分からないんですけど、そこが最大の魅力なのかなと思っているんです。この仕掛けって文学的だと思うんですよ。文章とか本の世界で繰り広げる手法に真っ向から映像が挑んだ形なので、どうなるのか僕にも全く分からないんです。だからこそワクワクしているんですよね」と本作の魅力を語っている。

鳩の撃退法」は、8月27日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース