カンヌを沸かせた小野田寛郎さんの物語「ONODA 一万夜を越えて」10月8日から日本公開

2021年7月21日 08:00

第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング作品に選ばれた
第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング作品に選ばれた

第74回カンヌ国際映画祭・ある視点部門のオープニング作品に選ばれた「ONODA(原題)」が、「ONODA 一万夜を越えて」の邦題で10月8日から日本公開されることが決定した。

本作は、旧陸軍少尉・小野田寛郎(おのだひろお)さんの実話を基に描かれた作品。太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島で孤独な日々を過ごした小野田さん。約30年後の1974年、51歳で日本への帰還を果たすことになった。

監督を務めたのは、フランスの新鋭アルチュール・アラリ。2018年12月~19年3月の約4カ月、カンボジアのジャングルで過酷な撮影を敢行し、全編日本語、日本人キャストで撮りあげている。主演は遠藤雄弥津田寛治。遠藤は小野田さんの青年期、津田は成年期をそれぞれ演じ分けた。

画像2

そのほか、小野田さんと最後まで生き残った小塚金七を松浦祐也(青年期)と千葉哲也(成年期)が演じ、小野田に戦争の終わりを告げる鈴木紀夫役を仲野太賀が担当。カトウシンスケ、井之脇海吉岡睦雄足立智充嶋田久作伊島空森岡龍らが脇を固め、映画監督でもある諏訪敦彦が小野田さんの父・種次郎役、小野田さんに最後の指令を命じ渡した谷口義美役をイッセー尾形が演じている。

カンヌ国際映画祭でのワールドプレミア上映は、約15分ものスタンディングオベーションが会場を包み、世界へのセンセーショナルな披露を飾ることになった。翌日に行われた公式記者会見では、遠藤と津田が日本からリモートで参加。この試みは、18年にジャン=リュック・ゴダール監督がスイスからリモート参加して以来の特例となった。

ひとりの日本人が生と死の狭間で見つめた戦争と平和。実在した小野田さんは、1964年に開催された東京オリンピック(1964年10月10日~24日)をフィリピンのジャングルで拾った新聞、トランジスタラジオを通じて、当時の様子を見聞きしていたという実録が残っている。東京2020オリンピック開催を控えた今年、同作は貴重なタイミングでの日本公開を迎えることになった。

ONODA 一万夜を越えて」は、10月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。なお、フランスでは7月21日(現地時間)から公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 鈴木亮平が“日岡秀一”を描画!「孤狼の血 LEVEL2」入場者特典ポストカードに

    1

    鈴木亮平が“日岡秀一”を描画!「孤狼の血 LEVEL2」入場者特典ポストカードに

    2021年8月5日 07:00
  2. 横浜流星、25歳の誕生日に写真集&パーソナルブックを2冊同時発売!「見て楽しむだけじゃなく、五感で感じて」

    2

    横浜流星、25歳の誕生日に写真集&パーソナルブックを2冊同時発売!「見て楽しむだけじゃなく、五感で感じて」

    2021年8月5日 00:00
  3. 「仮面ライダーW」続編アニメ「風都探偵」のイメージボード公開 制作はスタジオKAI

    3

    「仮面ライダーW」続編アニメ「風都探偵」のイメージボード公開 制作はスタジオKAI

    2021年8月5日 06:00
  4. 「ドント・ブリーズ2」はR15+指定に 過激&恐怖シーン連続のレッドバンド予告公開

    4

    「ドント・ブリーズ2」はR15+指定に 過激&恐怖シーン連続のレッドバンド予告公開

    2021年8月5日 18:00
  5. テレビドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」2022年9月に世界配信

    5

    テレビドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」2022年9月に世界配信

    2021年8月5日 11:00

今週